本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > 市政情報 > 広報 > ねっとdeあわら > トマ娘のホッとに湯~っす! > 平成30年10月5日更新 トマ娘のホッと に湯~っす!

平成30年10月5日更新 トマ娘のホッと に湯~っす!

最終更新日 2018年10月5日| ページID 009623 印刷する
このエントリーをはてなブックマークに追加

番組内容

第29回あわらカップカヌーポロ大会 (平成30年8月26日)

北潟湖カヌーポロ競技場で毎年開かれているカヌーポロの大会、あわらカップ。県内外から45チーム、366人が参加。チャンピオンズ、チャレンジ、トライアルのレベル別に、各チームが仲間とともに優勝を目指して、湖上で激しい攻防を繰り広げました。水上の格闘技とも呼ばれるカヌーポロ。一人乗りのポロカヤックに乗って水上で行う、ハンドボールとバスケットボール、カヤックの要素を組み合わせたスポーツなのよ。コート内でプレーできる選手は各チーム5人。ボールをパスで繋いだり、ドリブルで持ち込んだりしながら相手コートに攻め込みます。水面から2メートルの高さに設置されたゴールにボールを投げ入れれば1点となります。小回りの難しいカヤックをパドルで操縦しながらボールを扱わなければならず、選手同士のカヤックが激しくぶつかりあうことは当たり前。でも、その迫力がカヌーポロの魅力のひとつなんですよね。手の届かない高さにボールが飛んできても、パドルを使って受け止めることができるのも、カヌーならではのテクニックだわ。日本代表として世界選手権に出場したことのある選手も参加しているチャンピオンズリーグの試合は、相手へのプレスが厳しく、パス回しのテクニックも見事よね。う~ん、目が離せないわ!一方、ビギナーズマッチの試合はなんだかほのぼのしているわね。カヌーを操るのが精一杯の選手も。あら、落挺しちゃっている。それでも、チームメイトと協力しながらゴールを決めたときは気持ちいいでしょうね。福井しあわせ元気国体でデモンストレーション競技となっているカヌーポロは、初心者から上級者まで、幅広い年齢層で楽しめるスポーツです。もちろん、子供も大丈夫よ。正式競技になる日もそう遠くないかもしれませんね。

国体出場選手激励会 (平成30年8月30日)

福井しあわせ元気国体・障害者スポーツ大会の一か月前に、あわら市中央公民館で激励会が開催されました。参加した選手はあわら市で開催される、バレーボール競技・カヌー競技・ゴルフ競技に参加される選手・あわら市在住の選手の皆さんです。選手の皆さんに、あわら市実行委員会・会長の佐々木康男市長から激励の言葉が送られました。出場選手・県民が一丸となって国体を盛り上げようと激励の言葉を述べていました。出場選手の皆さん頑張れ!国体期間中はあわら市各地で競技が行われています。皆さん是非会場に足を運んで皆で国体を盛り上げましょ。

あわら温泉「グランディア芳泉」

ずっと、ここに いたいねぇ

自然に囲まれた、心を癒す旅館。
美しい庭、温泉、そして越前の味覚。

「いつも、ありがとう」
人生を共に旅する大切な人と
感動を共有する、極上の一日を。

旅の喜び、すべてがここにあります。

(グランディア芳泉ホームページ抜粋)

あわら温泉「グランディア芳泉」公式ホームページはこちら(新しいウインドウが開きます)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

政策課広報 企画・広報グループ

電話番号:0776-73-8005 ファックス:0776-73-1350
メール:seisaku@city.awara.lg.jp