本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > 市政情報 > 広報 > ねっとdeあわら > トマ娘のホッとに湯~っす! > 平成30年1月20日更新 トマ娘のホッと に湯~っす!

平成30年1月20日更新 トマ娘のホッと に湯~っす!

最終更新日 2018年1月20日| ページID 009067 印刷する
このエントリーをはてなブックマークに追加

番組内容

スノードームを作ろう (平成29年12月20日)

12月20日、金津本陣IKOSSAで、工作教室「スノードームを作ろう」が開かれ、たくさんの親子連れが参加しました。「スノードーム」とは、透明な容器の中に人形などのミニチュアと、雪に見立てたものを入れて、容器の中に雪が降る風景を作るものよ。この日は、あわら市地域おこし協力隊の中谷僚子さんが作り方を教えてくれました。まずは、スノードームに入れるミニチュアを選んで瓶の蓋の内側に貼り付けます。何かを選ぶときってワクワクするわよね。この時にしっかり付けておかないと完成した時に動いてきちゃうらしいわよ。みんな上手にできてるかな?次に精製水と水のりを瓶に入れてから、キラキラのラメを混ぜます。精製水を先に入れてから水のりを入れるのがコツだそうよ。精製水と水のりのバランスで雪に見立てたラメの降るスピードが変わるんですって。この日参加されたみなさんはとても楽しそうに作っていたわ。ご家庭でも簡単に用意ができて、いろんなアレンジも出来るので、みなさんもお家で試してみてはいかがですか?

あわら灯源郷 (平成29年12月23日)

およそ2000本の竹あかりに包まれたあわら温泉街。竹に彫られたいくつもの穴からもれる柔らかなろうそくの炎。幻想的な癒しのあかりの空間を家族や恋人と過ごす。う~んなんてロマンチックなんでしょ。今回で3回目を数えるこのイベントはあわら灯源郷といって、3年前のあわら温泉開湯130周年祭で130日間のイベント期間の最終日のイベントとして行われたのが始まりなんです。竹に彫られたデザインは実行委員会のメンバーがドリルを使って自由に空けたものなんですって。それにしても素敵よね。夕方薄暗くなる頃から実行委員とおよそ100名の着火ボランティアの皆さんで一つ一つろうそくにあかりを灯したんだそうです。また温泉客のみなさんにも1年を振り返りながら、希望を込めて一つ一つあかりを灯してもらいました。観光のいい記念ですね。トマ娘も素敵な人と出会えますようにって願いを込めてあかりを灯しました。次回の灯源郷にはその素敵な人とこれるといいなぁ。

あわら温泉「白和荘」

あわら温泉『白和荘』板長が早朝に中央市場にて新鮮な海の幸や山の幸を仕入れており、 料理をことさら吟味し、ご納得いただける価格でご宿泊頂けますよう努力しております。
また、美味しいお米は地元あわら市内の農家と契約し 「こしひかり」をお出ししております。

あわら温泉「白和荘」公式ホームページはこちら(新しいウインドウが開きます)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

政策課広報 企画・広報グループ

電話番号:0776-73-8005 ファックス:0776-73-1350
メール:seisaku@city.awara.lg.jp