本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > 市政情報 > 広報 > ねっとdeあわら > トマ娘のホッとに湯~っす! > 令和元年7月20日更新 トマ娘のホッと に湯~っす!

令和元年7月20日更新 トマ娘のホッと に湯~っす!

最終更新日 2019年7月20日| ページID 010654 印刷する
このエントリーをはてなブックマークに追加

番組内容

石塚橋開通式典 (令和元年6月8日)

石塚橋は、竹田川に架かり伊井地区と坪江地区を結ぶ橋です。旧国道8号や国道8号バイパス、市の工業団地である「古屋石塚テクノパーク」を結ぶ重要な路線です。今回、石塚橋の安全を祈願する式典と、開通を祝うイベントが行われ、イベントには地元の子どもたちが駆けつけ、盛り上げてくれましたよ。まずは、「剱岳わかば太鼓」の皆さんが勇壮な演奏を披露してくれました。続いては、伊井こども園の園児の皆さん。みんな上手に踊れているわね~。最後は、金津東こども園の、園児の皆さんも踊りでお祝いしてくれました。そして、いよいよテープカットです。テープカットでは市長を中心に、イベントを盛り上げてくれた子供たちと一緒に行います。テープカットの後は、渡り初めが行われましたよ。渡り初めには、各地区を代表して3組3世代の親子が選ばれました。3世代親子が選ばれた理由には、「石塚橋」を永く世代を超えて愛される橋になって欲しい。という意味も込められているそうよ。石塚橋開通により交通が便利になり、また、歩行者も安心して利用できるようになります。これからも地域住民に長く愛され、利用される橋になるといいですね。

第33回あわら北潟湖畔花菖蒲まつり(令和元年6月8日~16日)

今回で33回目となる「あわら北潟湖畔花菖蒲まつり」。黄色や白・紫など、およそ300種類の花菖蒲が美しく咲き誇り、来場者を魅了していました。来場者の皆さんは花菖蒲の間を通る「木道」を歩きながら、色鮮やかな花菖蒲を眺めたり写真を撮ったり、楽しい時間を過ごしていました。この花菖蒲園には20万本もの花菖蒲が植えられているんですって!そして、気に入った花菖蒲があればその場で購入することも出来るのよ。トマ娘もお気に入りの一本を見つけたわ。会場では地元名産市が開かれ、スイカやメロン、北潟湖で獲れた天然ウナギの蒲焼も並んでいましたよ。ウナギの蒲焼は大人気で、この日用意されていた100串はあっという間に完売。トマ娘は買いそびれちゃったわ。食べたかったな~。その他にも特設ステージでは歌やダンス・落語などのイベントが行われ、会場を盛り上げてくれました。昭和51年に開園して以来、毎年沢山の人を楽しませてくれている花菖蒲園。これからも美しい花菖蒲を見せてくださいね。

あわら温泉「あわらグランドホテル」

あわらグランドホテルは「七福湯めぐり」の名で知られる多彩な7つの浴場でたっぷりと湯めぐりが楽しめます。温泉好きにはたまらないお宿よ。月見庭園大浴場、式部の湯は、こんこんと湧き出る名泉に、ゆったりと時を忘れる癒しの湯。湯量たっぷりで美肌効果の高いあわらの湯は、特に女性に好評だそうよ。これは嬉しいわね~。福井の名所、東尋坊をイメージした隆泉庵は、混浴の露天風呂なのよ。温泉に浸かりながらの社交場なんてとっても素敵ね。五右衛門風呂は、陶器の優しい肌触り、体温まるかまどの湯となっています。朝倉門の広々とした湯船は、気兼ねなくゆっくりと脚を伸ばして入浴できるわね。こちらは芦原の町を一望できる、湯殿の展望風呂ひのきの湯。遠くまで見渡せるその眺めは、1日の疲れを癒してくれるわ。新湯殿大浴場平安の湯は、ジェットマッサージがついた寝湯と立湯があり、湧き湯のせせらぎを感じながら背中のコリをほぐしてくれるわ。そして最後が大浴場静の湯。竹を使ったモダンなデザインは、いつもと違った雰囲気のお風呂をお楽しみいただけます。巨石から削り出した石窯風呂は、あわらの湯を独り占め。大きな湯船では味わえない空間と時間を過ごすことが出来るわよ。一度じゃ回りきれないほどの多彩な浴場、あわらグランドホテル。心ゆくまでごゆっくりどうぞ。
あわら温泉「あわらグランドホテル」公式ホームページはこちら(新しいウインドウが開きます)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

政策課 魅力発信グループ

電話番号:0776-73-8005 ファックス:0776-73-1350
メール:seisaku@city.awara.lg.jp