本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > 産業・まちづくり > 共動のまちづくり > 「あわらむすび」店舗情報(16号店情報を追加しました!)

「あわらむすび」店舗情報(16号店情報を追加しました!)

最終更新日 2018年7月20日| ページID 008906 印刷する
あわらむすび
(あわらむすびロゴマーク)

「あわらむすび」とは、「人と人を結ぶ」をテーマに、あわら市の魅力やあわら市への郷土愛、おもてなしの心、大切な人への感謝の思いをおむすびで表現し、それを県内外の人たちに提供・発信することで、あわら市地域ブランド「あぁ、あわら贅沢。」の振興を図るプロジェクトです。 
現在、市内の店舗や企業を対象に「あわらむすび」をご考案いただいています。

第1号店 らーめん福の神

「炙りチャーシューおむすび」

あわら市の契約農家から仕入れたあわら産のコシヒカリに福の神自慢の炙りチャーシューを混ぜ込んだ炙りチャーシューおむすび。
付け合わせの高菜、明太子、煮卵、メンマ。少し固めに握られたおむすびとサクサクの海苔が、炙りチャーシューの香ばしい香りとともに口の中に広がる一品。
これだけでも、食べる価値ありの絶品。

らーめん福の神
(炙りチャーシューおむすび)


らーめん福の神
福井県あわら市市姫4-8-9
電話番号 0776-73-2933
販売期間 2018年(平成30年)4月1日(日曜日)~20日(金曜日)
販売価格 480円

第2号店 Cross P's(クロスピース)

「おむすび in New YOKU(おむすび いん にゅうよく)」

あわら温泉をイメージし、升の中にみそ汁を入れ湯舟をイメージ。そこにカップルが入浴するのを、焼きおにぎり2つで表現した一品。
あわら市産のみそや野菜、米などを使ったみそ汁に、おむすびを入れてお茶漬け風に。すだちを絞っていただくのがポイント。

クロスピース
(おむすび in New YOKU)


Cross P's(クロスピース)
福井県あわら市横垣20-15-17
電話番号 090-2127-1000
販売期間 2018年(平成30年)3月27日(火曜日)~4月30日(月曜日)1日限定3食
販売価格 600円

第3号店 おでん酒Bar IPPO

「IPPOおむすび」

一味とおかかを混ぜ込んだ少しピリッとした大きめの大人のおむすび。
添えられた自家製みそを付けていただくと、違う味わいとなり、二度楽しめる。
板前だった店主の父がよく作ってくれたおむすびを受け継いだ。

おでんIPPO
(IPPOおむすび)


おでん酒Bar IPPO
福井県あわら市温泉1丁目203 あわら温泉屋台村湯けむり横丁
電話番号 090-2522-3214
販売期間 通年
販売価格 1個200円

第4号店 牛若丸

「石焼きビビンバむすび」

人気メニューの石焼きビビンバをそのままおにぎりにした逸品。
おにぎりの下に敷かれた韓国のりとの相性も抜群。
もちろん、焼き肉との相性も最高のおにぎりとなっています。

牛若丸
(石焼きビビンバむすび)


牛若丸
福井県あわら市舟津45-3-1
電話番号 0776-77-1230
販売期間 2018年(平成30年)3月28日(水曜日)~4月26日(木曜日)
販売価格 540円

第5号店 さかなやカフェ&バル さくら

「若桜のソウルフードおむすび」

鮮魚店であり老舗の仕出し屋である「若桜」が、「さかなやカフェ&バル さくら」として平成29年春にリニューアルオープン。
遠方から買い求める人もいるという「若桜」人気の白身魚フライと、ソースカツを具材としたおむすびをご考案いただきました!
「タルタルソース」と「オリーブオイル&チーズ」の2種類の白身魚フライと、とろろ昆布をまとったソースカツおむすびの3種類から2種類を選んでオーダーしていただきます。

さくら
(若桜のソウルフードおむすび)


さかなやカフェ&バル さくら
福井県あわら市春宮一丁目9-37
電話番号 0776-73-0151
営業時間 午前9時~午後7時
定休日 日曜日
販売期間 2018年(平成30年)4月2日(月曜日)~27日(金曜日)平日限定
販売価格 540円

第6号店 ケアハイツ芦原

「四季むすび」

介護付き有料老人ホームが、あわらむすびプロジェクトの協力事業所として名乗りを上げてくださいました。
春夏秋冬、あわらの旬をおむすびで表現する「四季むすび」。
この冬は、あわら市特産のサツマイモ「とみつ金時」にイモヅルの佃煮を加えたおむすびと、ごま油で炒めて、みそで味付けしたカブの葉を具材にしたおむすびを、セットで販売します。
施設の管理栄養士と調理師がタッグを組んで、体に優しく、おいしいおむすびを、季節ごとに考えてくれますよ!

ケアハイツ芦原
(四季むすび)


ケアハイツ芦原
福井県あわら市横垣18-11
電話番号 0776-77-3600
販売期間 通年(要予約)
販売価格 390円

第7号店 玉寿司

「カンパチのづけむすび」

創業45年、JR芦原温泉駅近くにあるあわら老舗の寿司屋「玉寿司」。
カンパチのづけをメインに、かんぴょう煮を刻んで味にアクセントつけた「カンパチのづけむすび」をご考案いただきました。
寿司屋だけにご飯はもちろん酢飯で、特製の出し巻きと紅ショウガを添えた、すし屋らしい逸品となっています。

玉寿司
(カンパチのづけむすび)


玉寿司
福井県あわら市春宮一丁目11-23
電話番号 0776-73-0437
販売期間 通年
販売価格 500円

第8号店 カメハメハ大農場の農家カフェ&スイーツ

「カメハメハむすび」

ピンク色の移動販売車でお馴染みの「カメハメハ大農場の農家カフェ」が、あわら温泉湯のまち広場横に実店舗をオープン!
カレーやスムージーといった移動販売で人気の商品に加えて、スイーツメニューが充実されています。
ご考案いただいた「カメハメハむすび」は、「へしこぬかとチーズのおむすび」と「枝豆ともみわかめのおむすび」のセットです。
「へしこぬかとチーズのおむすび」は、へしこのぬかを炒ったふりかけとご飯を混ぜた中に、キューブ状のチーズとセミドライのトマトが入っています。
「枝豆ともみわかめのおむすび」は、枝豆とご飯を混ぜてもみわかめをまぶしました。 

農家カフェ
(カメハメハむすび)


カメハメハ大農場の農家カフェ&スイーツ
福井県あわら市温泉1丁目210
電話番号 080-6359-5633
営業時間 午前11時~午後6時
販売期間 通年
販売価格 324円

第9号店 a CUBE cafe

「吉村さん家の黒米と鶏出汁おむすび」

JR芦原温泉駅前の「金津本陣にぎわい広場」敷地内にあるイタリアンメニューをメインにしたカフェレストラン。日差しが差し込んで気持ちのいい、解放感のある店舗です。
そんなイタリアンカフェレストランから、あわらむすび「吉村さん家のコシヒカリと黒米のおむすび」が誕生しましたよ!
地元農家さんのコシヒカリを使用し、栄養価の高いあわら市産黒米を混ぜ込みました。イタリア料理店らしくブロード・ディ・ポッロ(鶏ガラスープ)で黒米を炊き、うまみとコクをプラスしています。また、イタリア産ソーセージであるモルタディッラをソテーしたものを詰めました。

aCUBEcafe
(吉村さん家の黒米と鶏出汁おむすび)


a CUBE cafe
福井県あわら市春宮1丁目-11
電話番号 0776-65-1045
営業時間 午前9時~午後6時(ランチタイム午前11時~午後2時)
定休日 火曜日
販売予定期間 2018年(平成30年)4月1日(日曜日)~30日(月曜日)
予定価格 500円

第10号店 ひまわり

「ひまわりのおむすび弁当」

JR芦原温泉駅前にあるおむすびをメインとしたお弁当屋さん。地元の中学生や高校生にとってはまさにソウルフードともいえるお馴染みの味。すでに30年以上も同じ場所で同じ味を提供しています。 
「8種類のおむすびの中から2個」プラス「12~13種類のお惣菜の中から3種類」を選んで自分のおむすび弁当を「カスタム」。まさにビュッフェ形式の走りともいえます。

ひまわり
(ひまわりのおむすび弁当)


ひまわり
福井県あわら市春宮1丁目9-41
電話番号 0776-73-3767
営業時間 午前6時30分~午後6時
定休日 土曜日・日曜日・祝日
販売予定期間 通年
予定価格 530円

第11号店 味のよしだや しのぶ庭

「しのぶ庭のおむすび」

先々代は魚屋、先代は寿司屋というJR芦原温泉駅前で100年近く商売を営む老舗料理店。地元の人、観光客に愛され続けています。
「しのぶ庭のおむすび」は、福井県産のお米に小女子とワカメを混ぜたおむすびと、塩焼きにした若狭のサバをほぐして混ぜ込んだおむすびの2個セットです。
絶品のだし巻き卵を付け合わせに。お酒の後のシメにうれしい塩味の効いたおむすびですよ!

しのぶ庭
(しのぶ庭のおむすび)


味のよしだや しのぶ庭
福井県あわら市春宮1丁目8-13
電話番号 0776-73-0006
営業時間 午前11時~午後2時、午後5時~午後10時
定休日 日曜日
販売予定期間 2018年(平成30年)3月17日(土曜日)~4月7日(土曜日) ただし、ランチタイムは除く
予定価格 500円(税別)

第12号店 やせなわ食堂

「肉肉しいおむすび」

食べても食べてもなくならないと評判の唐揚げ定食や、特大サイズのオムライスが人気の「やせなわ食堂」。黄色い看板が目印です。
「自分が食べたいものを作る」をモットーに、働く人を応援する定食をお出ししています。
そんな定食屋さんのあわらむすびは「肉肉しいおむすび」。
人気の唐揚げ定食の唐揚げを梅しそご飯に乗せて海苔で巻いたおむすびと、甘辛い豚生姜焼きをご飯に混ぜ込んで海苔で巻いたおむすびの2個セット。
通常の1.5倍以上の大きさ!とにかくボリューム満点です! 

やせなわ食堂
(肉肉しいおむすび)


やせなわ食堂
福井県あわら市上番88-9-1
電話番号 0776-78-6133
営業時間 午前11時~午後2時、午後5時~午後10時
定休日 木曜日
販売予定期間 2018年(平成30年)3月27日(火曜日)~4月7日(土曜日)ただし、ランチタイムは除く
予定価格 500円(税別)

第13号店 あわら温泉 あわらグランドホテル

「あわら縁むすび」

このおむすびは、あわら温泉中心街にある「あわらグランドホテル」の宿泊プラン「あわらむすび同窓会プラン」の夜食で提供されています。
越のルビーをドライにしてごはんと一緒に炊いたものをおむすびにしました。このほか、そばの実、国見えのき、大豆の打ち豆とヘルシーな具が嬉しい。 一口サイズなのは、芸妓の小さな口でも食べられる大きさにしたとか。
旧友と懐かしい話のお供に、 あわらの昔と今と未来をむすぶおむすび「あわら縁むすび」をお楽しみください!

グランドホテル
(あわら縁むすび)


あわら温泉 あわらグランドホテル
福井県あわら市温泉4-2
電話番号 0120-120-343
販売予定期間 通年(あわらむすび同窓会プランの夜食で提供)

第14号店 居酒屋まつぼっくり

「あわらえんむすび」

人と人の「縁」とおむすびの形が「円」であることからこの名前に。
桜えびをまぶしたピンク色のかわいいおむすびに、ローストビーフとネギトロを乗せたおむすびのセット。フォトジェニックなおむすびです。
自宅で再現できることをコンセプトに考えたそうで、子どもの遠足のお弁当に作ってあげてほしいと店主は語る。

まつぼっくり
(あわらえんむすび)


居酒屋まつぼっくり
福井県あわら市温泉4丁目710
電話番号 090-1392-6996
営業時間 午後6時~午前0時
定休日 毎週月曜日
販売予定期間 2018年(平成30年)5月22日(火曜日)~6月7日(木曜日) ただし、土曜日・日曜日を除く
予定価格 540円(税込み)

第15号店 居酒屋天狗

「居酒屋天狗おむすび」

あわら市内でも屈指の大スペース居酒屋で、地元の皆さんをはじめ団体客も多い「居酒屋天狗」。
こちらで考案されたあわらむすびは、なんと!お客さま自身が一枚ものの板海苔を握って仕上げるという「居酒屋天狗おむすび」。
具材には、ご飯に合う居酒屋メニュー「豚キムチ」と「甘エビのチリマヨ」が使われています。

天狗
(居酒屋天狗おむすび)


居酒屋天狗
福井県あわら市二面3丁目705
電話番号 0776-78-5543
営業時間 午後5時~午前0時
定休日 毎週月曜日
販売予定期間 2018年(平成30年)6月16日(土曜日)~7月末日
予定価格 380円(税込み) ただし、どちらか一つ

第16号店 和甚

「タヌキおにぎり」

よそにはないオリジナルのメニューを考案するのが大好きな店主。美味しいうえにリーズナブル。あわらの隠れ家的名店といわれています。
こちらの「あわらむすび」は、レギュラー商品でお客さまにも大人気な「タヌキおにぎり」です。
タヌキというだけに、天かすの入ったおにぎりで、タヌキうどんがおにぎりになったイメージで作られました。

和甚
(タヌキおにぎり)


和甚
福井県あわら市東温泉1丁目601
電話番号 0776-77-8393
営業時間 午後5時~午前0時
定休日 毎週月曜日
販売予定期間 通年
予定価格 300円(税込み)

関連リンク

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

政策課 魅力発信グループ

電話番号:0776-73-8005 ファックス:0776-73-1350
メール:seisaku@city.awara.lg.jp