本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > 市政情報 > 広報 > ねっとdeあわら > にっぽん旅ごはん > 12月20日更新 にっぽん旅ごはん

12月20日更新 にっぽん旅ごはん

最終更新日 2015年12月20日| ページID 007310 印刷する
このエントリーをはてなブックマークに追加

番組内容

金津城溝江館跡

溝江氏は、溝江郷南金津に根拠をもつ土着の豪族で、その名は室町時代初期に見え始めます。戦国時代初め(文明年中・1469~1486)朝倉氏が一乗谷を中心に越前の支配を強めた頃、溝江氏は朝倉氏の家臣になりました。
溝江景逸とその子長逸は代々朝倉氏に仕え(貞景、孝景、義景)、加賀の一向一揆の備えとして金津(古町字夕部)に館を構えて、しばしば一揆と戦い軍功をあげました。しかし、天正元年(1573)に朝倉氏が織田信長に滅ぼされると、翌年2月越前・加賀の一向一揆の総攻撃に合い、景逸・長逸父子および一族郎党30余人は館に火を放ち、客人富樫氏(泰俊)とともに自刃しました。
落城の難を逃れた長逸の遺児長澄(長氏)は、信長・秀吉に仕えて金津城を再興し、大名となりました。さらにその子の四代長晴は父の遺領金津を継ぎましたが、関ヶ原の戦い後所領を没収され、のちに彦根藩に仕えました。
溝江家の菩提寺は、景逸の弟辨栄の創立した妙隆寺です。

ようしょく「源の屋」

住所:福井県あわら市温泉1-405
TEL:0776-77-2045
営業時間:午前10時~午後2時、午後5時~午後8時

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

政策広報課 広報グループ

電話番号:0776-73-8005 ファックス:0776-73-1350
メール:seisaku@city.awara.lg.jp