本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > 市政情報 > 政策・計画・統計 > 政策 > 市民憲章 ヒナタカコ バージョン!

市民憲章 ヒナタカコ バージョン!

最終更新日 2014年2月3日| ページID 000713 印刷する

 あわら市では市民憲章にメロディを付けています。市誕生10周年を記念して、坂井市三国町出身のシンガーソングライター・ヒナタカコさんに市民憲章を歌っていただきました。全国でも珍しく、さらにすてきになった市民憲章をぜひお聴きください。

ヒナタカコ

市民憲章・市の花、木、鳥  

 市誕生5周年には、市民憲章と市のシンボルとなる花・木・鳥を制定しました。
 制定に当たっては、まず市民の皆さんから、市民憲章で使いたいキーワードやシンボルの案を募集しました。寄せられた多くの案は、当時「あわら市まちづくり基本条例」の草案作成に携わっていた「自治基本条例を考えるあわら市民会議」の皆さんにより取りまとめられ、平成20年12月12日に市長に提言されました。
 これに基づき、市では、パブリックコメント手続を経て最終案を決定し、「あわら市議会の議決すべき事件を定める条例」の規定に基づき市議会に提出し、平成21年2月13日に可決されました。

 こうして、あわら市民憲章とあわら市の花・木・鳥は、平成21年3月1日に開催された「あわら市誕生5周年記念式典」において、市民の皆さんの前で正式に発表されました。

市民憲章発表

 なお、あわら市民憲章には、あわら市出身で東京藝術大学作曲科を卒業後、同大学院に在籍しながら東京で作曲活動を行っている作曲家の堀田庸元(ほりたよういち)さんに曲を付けていただきました。

 記念式典では、堀田さんのピアノ伴奏で、市内の女性コーラスグループ「アマーレかなづ」の皆さんが、美しい歌声で市民憲章の歌を披露しました。

市民憲章コーラス

 市民憲章コーラス(記念式典収録バージョン)をお聴きになる場合は、次のリンク先をクリックしてください。

※このページをご覧になるにはウィンドウズメディアプレーヤーが必要です。
ウィンドウズメディアプレーヤー ダウンロード先URL:http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/download/


 

あわら市民憲章

前文

 雄大な海と優しい湖 美しき山に清らかな川

 豊かな実りをもたらす大地 そしていやしの温泉(ゆ)

 先人が築き上げてきた歴史と文化が息づくまち あわら市

 私たちは このまちの市民であることに誇りと責任を持ち

 活力に満ちた魅力的なまちをつくるためにこの憲章を定めます

一 守ります 美しい自然を

一 創ります 豊かな文化を

一 育てます 学びの心を

一 鍛えます 健やかな身体を

一 伝えます 働く喜びを

一 広げます 助け合いの輪を

一 愛します わたしたちのふるさとを

解説

 海、湖、山、川の自然がそろい、そこに温泉という資源のあるまちは、国内でもあまり多くありません。前文では、こうした自然や資源に恵まれ、さらに卓越した歴史と文化を有するあわら市の沿革について述べるとともに、これらを背景として、あわら市をより活力のある魅力的なまちにするために、この市民憲章を制定することを宣言しています。

 本文は、一文を簡潔にするとともに、読んだときや音読したときなどに、インパクトがあり、より印象に残るように、述語と目的語を倒置しています。

一 守ります 美しい自然を

  あわら市の美しく豊かな自然に感謝し、大切にするとともに、未来に向けてさらに大きく育てていくまちを目指します。

一 創ります 豊かな文化を

  先人たちが長い時間をかけて築き上げてきた歴史や文化、伝統を次の世代に継承するとともに、芸術文化の創造に努め、文化の薫り高いまちを目指します。

一 育てます 学びの心を

  子どもから大人まで、学ぶことの実践とその支援を行うことにより、豊かな知識と教養を兼ね備えた人間形成に努めます。

一 鍛えます 健やかな身体を

  日常の健康管理に努めるとともに、生涯を通じて運動やスポーツに親しむことにより、健康的で長寿のまちを目指します。

一 伝えます 働く喜びを

  勤労を通して、生活を築き、社会に貢献することに喜びを持ち、生きがいを感じることのできるまちを目指します。

一 広げます 助け合いの輪を

  人と人とのつながりを大切にし、お互いに助け合い、支え合っていくことのできるまちを目指します。

一 愛します わたしたちのふるさとを

  市民みんなの気持ちを集約し、まちづくりに取り組むことにより、より暮らしやすく、自慢できるあわら市の実現を目指します。

 あわら市民憲章(PDF形式:10KB)

 

あわら市の花・木・鳥 

市の花:花菖蒲  

花菖蒲

 花菖蒲は、アヤメ科の多年草で、日本を代表する伝統園芸植物です。北潟湖畔花菖蒲園では、毎年6月に300種20万株の花菖蒲がその美しさを競い、訪れる人の目を楽しませています。
 花言葉には、「忍耐」「優しい心」「優雅な心」のほか、「来て下さい」という意味もあり、多くの人があわら市に訪れてほしいとの願いも込めて選定しました。
 

市の木:梅

梅

 梅は、庭木や盆栽、果樹として、市内でも多く見ることができます。その実は、古くから健康食としても利用され、日本人の食卓には欠かせないものとなっています。
 可憐な花でいち早く春の訪れを知らせてくれるその姿は、だれにでも親しまれていることから、市民はもとより多くの人にあわら市が愛されることを願って選定しました。
 

市の鳥:白鷺

白鷺

 水鳥の仲間の鷺は、北潟湖や竹田川などに多く営巣しています。白鷺は鷺の中でも美しく、市内の水辺や田んぼでは、貴婦人を思わせるその姿を見ることができます。
 その存在は、自然と人との共生のシンボルであり、優雅に空を舞う姿は、未来に羽ばたくあわら市をイメージさせるものとして選定しました。
 

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

総務部政策課

電話番号:0776-73-8005 ファックス:0776-73-1350
メール:seisaku@city.awara.lg.jp