本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > くらし・環境 > 水道・下水道 > 水道 > 水道料金・下水道使用料の漏水減免について

水道料金・下水道使用料の漏水減免について

最終更新日 2022年4月1日| ページID 011691 印刷する

水道料金・下水道使用料の漏水減免について

水道メーターから宅地内にある給水管や蛇口などの給水装置は、使用者の持ち物であるため使用者が管理していただくものです。水道料金や下水道使用料は、水道メーターで測った水量で請求しています。そのため、水道メーターを通過した水道料金などはお支払いしていただかなければいけません。
ただし、使用者の善良な管理下にあったにもかかわらず漏水した場合は、修理した後に申請することで、水道料金などが減免できる制度があります。

減免措置の対象とならないもの

  1. 料金などが未納のとき
  2. 使用者が故意または過失により給水装置などを損傷したとき
  3. 給水装置などの損傷が第三者の行為によるとき
  4. 既設の井戸水配管と水道給水管を直結してあるなど給水装置などが法令に違反しているとき 
  5. 使用者が漏水を知りながら、修繕依頼を怠ったとき 
  6. 使用者の都合により修繕を延期したとき
  7. 検針水量が基本料金水量以下のとき
  8. 各種工事の施工に伴って漏水したとき 
  9. あわら市指定の給水装置工事事業者以外の業者が漏水修繕対応をしたとき
  10. 排水設備より下水道本管への流入が明らかに認められるとき(下水道使用料減免に限る)
  11. 給水装置などを新設して1年に満たないにもかかわらず施工不良で漏水したと認められるとき

減免の対象期間

水道料金や下水道使用料の減免ができる期間は、漏水修理日からさかのぼって4カ月を限度とします。

減免の申請方法

申請は、減免申請書に修理前後の写真を添付の上、漏水の修繕完了後3カ月以内に上下水道課へ提出してください。申請書には、あわら市指定の給水装置工事事業者の修理業者と依頼者の記入が必要ですのでご注意ください。なお、水道料金等の減免申請書を提出することで、下水道使用料の減免申請書の提出を省略することができます。ただし、芦原温泉上水道財産区が運営する水道地域の方は、下水道使用料の減免申請書の提出が必要になります。

様式

水道料金等の減免申請書(Word形式)

水道料金等の減免申請書(PDF形式)

水道料金等の減免申請書(記入例)

下水道使用料の減免申請書(Word形式)

下水道使用料の減免申請書(PDF形式)

下水道使用料の減免申請書(記入例)

凍結から水道管を守りましょう

毎年、冬場に気温が氷点下になると、水道管の中の水が凍って膨張し破裂による漏水がみられます。宅内の水道管の破裂や漏水による水道料金は自己負担になりますので、漏水していないか確認するようにしましょう。

漏水を未然に防ぐため、以下の防寒対策を参考にしてください。

外の水道管の防寒対策

外にある水道管は、布や毛布などを巻いて防寒してください。屋外でむきだしになっている場所や、風当たりの強い場所の水道管は保温材や布、縄で保護しましょう。 

メーターボックス内の防寒対策

ビニール袋のなかに小さく切った布や発泡スチロールを袋がいっぱいになるくらいに入れ、メーターボックス内に入れてください。その際、必ずメーターが見えるようにしてください。

トイレや洗面所防寒対策

トイレや洗面所の水道管も、凍結や破裂が発生しやすい場所です。トイレのタンク(ロータンク)や洗面所の水道管も防寒対策が必要です。また、市販の保温材も有効です。

水道管内の水抜き

水抜き栓(不凍栓)がない場合には、蛇口から少量の水(箸の太さくらい)を出しておくのも凍結防止に有効な手段です。

積雪時の料金について

積雪のため検針ができない場合は、前回と同じ水量で料金を算定し、次回2カ月後の検針時の実績値で再計算して過不足分を調整します。なお、自分で検針して数値を報告していただくことで、実測値として修正することも可能です。積雪で水道メーターの位置がわからない場合がありますので、あらかじめメーターの位置を確認しておきましょう。普段からメーターボックスの上に物を置かないよう、メーター周辺の整頓や除雪にご協力をお願いします。

漏水を発見するには

気温が氷点下4度以下になると、住宅敷地内の水道管が凍結・破損して漏水が多く発生します。住宅内の蛇口をすべて閉めて、水道メーターを確認し、パイロットというコマが回っていると漏水の可能性があります。

住宅敷地内の水道管はお客様自身の所有物ですので、漏水した場合の水道料金や修理費用は、お客様でご負担していただくことになります。定期的に、メーターを確認するなどして、漏水の発見が遅れないようにご注意ください。

漏水の発見
(漏水の確認)

 

 

 

 

 

 

 

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

上下水道課 総務経理グループ

電話番号:0776-73-8036 ファックス:0776-73-5688
メール:jyogesui@city.awara.lg.jp