本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > 健康・福祉 > ひとり親家庭 > 母子家庭等自立支援給付金事業

母子家庭等自立支援給付金事業

最終更新日 2018年6月29日| ページID 000151 印刷する

母子家庭等教育訓練給付金

母子家庭の母または父子家庭の父が就職に必要な知識や技能を習得するために講座を受講し終了した場合、受講料の一部を支給します。ただし、事前相談が必要です。

対象者(次のすべての要件を満たす人)

  • 児童扶養手当を受給している人(または同等の所得水準にある人)
  • 雇用保険の教育訓練給付制度の受給資格のない人
  • 教育訓練を受けることが適職に就くために必要であると認められる人

支給額

経費の60パーセント(上限20万円)が支給されます。ただし、60パーセント相当額が12000円を超えない場合は支給されません。

対象講座

雇用保険の教育訓練給付制度の指定を受けている教育訓練講座のうち、就学に結びつく可能性が高いと認められる講座
(例えば、訪問介護員、医療事務等の講座)

高等職業訓練促進給付金

母子家庭の母または父子家庭の父が、専門的な資格取得のため修業する場合、「高等職業訓練促進給付金」を支給します。(3年限度)
また、修業期間の修了後、一時金として「修了支援給付金」を支給します。ただし、事前相談が必要です。

対象者(次のすべての要件を満たす人)

  • 児童扶養手当を受給している人(または同等の所得水準にある人)
  • 養成機関において1年以上の過程を修業し、対象資格の取得が見込まれる人
  • 仕事または育児と修業の両立が困難であると認められる人

対象資格

看護師、準看護師、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士、その他

支給額

高等技能訓練促進費

市民税非課税世帯:月額100,000円、市民税課税世帯:月額70,500円

入学支援修了一時金

市民税非課税世帯:50,000円、市民税課税世帯:25,000円

場所情報

Google Maps サイトに移動して表示する(新しいウインドウが開きます)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

健康福祉部子育て支援課

電話番号:0776-73-8021 ファックス:0776-73-5688
メール:kosodate@city.awara.lg.jp