本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > 市政情報 > 広報 > ねっとdeあわら > ほっと、もっと、あわら > 平成27年7月18日~20日開催 金津まつり

平成27年7月18日~20日開催 金津まつり

最終更新日 2015年8月28日| ページID 007090 印刷する
このエントリーをはてなブックマークに追加

7月18日から20日にかけて、金津まつりが開催されました。

この金津まつりは、宿場町として栄えていた頃、役人が泊まる本陣を、皿や陶磁器などの日用品で制作した飾り物で飾り、ねぎらったことから始まった本陣飾り物が披露されました。
旧金津市街地の18区が、その年の話題となったことなどをモチーフとして個性豊かさ作品を作成しており、本陣飾り物コンクールとしてその出来栄えを競い合っています。
開幕日の18日には、祭りの前夜祭が行われ、太鼓の競演や民謡の踊りなどが金津神社境内で披露されました。
また、本陣飾り物コンクールの審査が行われ、今年は、上八日区(かみようかく)の「ちはやふる」があわら市長賞を受賞しました。
中日の20日には、山車(やま)3基が市街地を練り歩き、中央区(ちゅうおうく)の「鏡獅子」、坂ノ下区(さかのしもく)の「源義経」、新区(しんく)の「平敦盛」の迫力ある武者人形に大勢の観客が見入っていました。山車が各本陣飾り物の前に到着し、子どもたちのかわいらしい踊りや太鼓の打ち鳴らしが披露されると、観客たちから大きな拍手が送られていました。
山車に乗った子どもたちは、見事なバチさばきを披露し、日中の暑さや疲れを感じさせない大きな掛け声とともに元気よく太鼓をたたいていました。みこしの巡業もあり、金津神社を出発し、各本陣を歩いて回りました。
観客たちは、壮大なスケールで山車(やま)が練り歩く様子や、390年の歴史を誇る本陣飾り物の競演が繰り広げられた金津まつりを満喫していました。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

政策広報課 広報グループ

電話番号:0776-73-8005 ファックス:0776-73-1350
メール:seisaku@city.awara.lg.jp