本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

最終更新日 2021年10月14日| ページID 011044 印刷する

新型コロナウイルス感染症に関する最新の情報、緊急事態宣言対象地域など、詳しくは厚生労働省のホームページ(新しいウインドウが開きます)をご覧ください。

感染対策の徹底

県内の感染状況を踏まえ、10月14日をもって、「感染拡大警報」が解除されます。

  • 特別警報 9月13日(月)~9月30日(木)
  • 警報 10月1日(金)~10月14日(木)

詳しくは、福井県のホームページ(新しいウインドウが開きます)をご覧ください。

市民の皆さまには、マスク着用、手洗いなど、以下の感染対策の徹底をお願いします。

マスク着用、手洗いの徹底

  • マスクの着用を徹底しましょう(屋外で人が近くにいない場合は除く)。特に食事中を含め、会話をする際は、マスク着用の徹底をより一層心掛けてください。
  • 人との間隔を取りましょう(できるだけ2m、最低1m)。
  • 帰宅後、食事前には、手を洗いましょう。また、「目」、「鼻の穴」、「口」は安易に触らないようにしましょう。

重症化リスクの高い方の感染対策徹底

  • 高齢者や基礎疾患のある方など重症化リスクの高い方は、同居家族以外との会食やカラオケなど感染リスクの高い行動は、慎重に判断してください。
  • 家族に高齢者や基礎疾患のある方、県外から来県した方、他県と往来した方、体調不良の方がいる場合は庭内においてもマスクを着用するなど、家庭内での感染対策徹底してください。

体調管理の徹底

  • 検温など体調確認を心がけ、体調不良の場合は、無理をして外出・出勤しないようにしましょう。
  • 発熱等の症状がある場合は、かかりつけ医・最寄りの医療機関に電話で相談しましょう。
  • また、体調不良の同居家族がいる場合には、部屋や食事などの生活空間を分けましょう。

※発熱等の症状がある場合の相談・受診方法は次のとおりとなります。

  1. まずはかかりつけ医や最寄りの医療機関に電話相談
  2. かかりつけ医がない場合や受診先に迷う場合は「受診・相談センター」(0776-20-0795)(旧「帰国者・接触者相談総合センター」)に相談
  3. 相談先からの案内に従い、医療機関を受診

他都道府県との往来

  • 県外往来時は人混みを避け、マスクを着用しましょう。
  • 往来後は、体調管理に注意しましょう。

三密の回避

  • 「換気の悪い密閉空間」、「多数が集まる密集場所」、「間近で会話や発声をする密接場面」という3つの条件(三つの密)を避けましょう。
  • 親しい間柄の集まり(打ち上げ、同窓会、親戚の集まり、バーベキュー、複数での熱唱等)等における、会話時のマスク着用など感染対策を徹底してください。
  • 会食をする場合は、「ふくい安全・安心認証店」を利用のうえ、「マスク会食」を徹底し、「4人以下のテーブル」※で行いましょう。
    ※参加者が5人以上の場合は1テーブル4人以下に分ける(同居家族を除く)
  • 飲食以外で店舗を利用するときには「感染防止徹底宣言」ステッカーが掲示されていることを確認し、掲示されていない場合は利用を控えてください。

保健所の調査に協力

周囲の人の健康を守るため、感染した場合は、保健所が行う体調変化や行動履歴の調査に協力をお願いします。

接触確認アプリ(COCOA)の導入

厚生労働省が提供する「接触確認アプリ」を積極的に導入し、感染予防に努めてください。

App Store
(App Store)
Google Play
(Google Play)

感染リスクが高まる「5つの場面」に注意

注意力の低下や気の緩みなどにより、感染リスクが高まる「5つの場面」に注意してください。 

5つの場面

 

安心できる職場や店舗等に(事業者の皆さまへ)

  • 感染拡大予防ガイドラインを遵守し、「感染防止徹底宣言」ステッカーを掲示しましょう。
  • 感染が発生した場合に備え、利用客の連絡先等を記録しましょう。
  • 万一感染が発生した場合には、PCR検査や施設名の公表、名簿の提出など保健所の調査に協力してください。
  • 喫煙所や更衣室、社員食堂を含め、職場内において三つの密をつくらないようにしましょう。 
  • 職場内において、昼食時、休憩時を含めたマスク着用を改めて徹底しましょう。 
  • テレワーク、シフト制の導入や、出張はオンラインで代替するなど、働き方を見直しましょう。
  • 体調不良の人が気兼ねなく休める職場の雰囲気を作りましょう。
  • 飲食の場での「マスク会食」を推進するため、利用客にマスク会食の励行を呼び掛けましょう。

人権への配慮をお願いします

敵は、人ではなくウイルスです。新型コロナウイルス感染症に関して、感染者や濃厚接触者、医療従事者ならびにその家族、関係者などに対して、いわれのない誹謗中傷や差別的行為は絶対にしないようお願いします。 

受診・相談窓口

受診・相談センター

電話番号 0776-20-0795
ファックス 0776-20-0797
受付時間 毎日(土日祝日含む)午前7時から午後5時15分まで
(時間外は携帯電話番号がアナウンスされますので、そちらをご利用ください。)

あわら市 電話相談窓口

新型コロナウイルスに関する一般的なお問い合わせについて、ご相談ください。
なお、感染が疑われる方からの受診に関する相談は、上記の「受診・相談センター」にご相談ください。
相談窓口 あわら市健康長寿課
電話番号 0776-73-8023
受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで(平日のみ)

厚生労働省電話相談窓口

電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)
ファックス 03-3595-2756
受付時間 午前9時から午後9時まで(土日祝日も実施)

日本政府観光局(JNTO) 外国人旅行者向けコールセンター「Japan Visitor Hotline」

電話番号 050-3816-2787
受付時間 365日、24時間
対応言語 英語、中国語、韓国語、日本語

関連リンク

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

健康福祉部健康長寿課

電話番号:0776-73-8023 ファックス:0776-73-5688
メール:chojyu@city.awara.lg.jp