本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > くらし・環境 > 保険・年金 > ふれあい保険(社会活動災害補償保険)制度

ふれあい保険(社会活動災害補償保険)制度

最終更新日 2020年4月1日| ページID 000630 印刷する

ご存じですか?ふれあい保険

市内の各地域では、自治会活動や社会奉仕活動、青少年の健全育成活動などの自主的、継続的な社会活動が盛んに行われ、多くの市民の皆さんが参加しています。
市では、市民の皆さんが安心して社会活動に参加できるよう、活動中のケガや事故を補償する社会活動災害補償保険(ふれあい保険)に加入しています。ふれあい保険の詳細については、「あわら市ふれあい保険の手引き」をご覧ください。

保険の対象になる活動は?

自治会、青壮年団、婦人会、老人クラブ、子ども会などの団体が行う社会活動(スポーツ少年団活動を除く。)が対象となります。

「団体」とは?

市内に活動の拠点を置く、5人以上の市民で自主的に組織された団体で、社会活動を継続的、計画的に行っている団体です。会社・事業所内の団体、政治・宗教・営利を目的とした団体及びこれに類する団体は除きます。

「社会活動」とは?

団体が主催して行う地域社会活動、社会教育・社会体育活動、青少年健全育成活動、社会福祉・社会奉仕活動などの公益性のある活動で、継続的、計画的な活動をいいます。ただし、政治、宗教、営利などを目的とする活動や学校管理下の活動、スポーツ少年団活動は除きます。
その他、市が行う事業又は活動のうち社会活動に類するもので、市民が無報酬で参加する活動も社会活動とみなします。

補償限度額

賠償責任保険

  • 対人・対物賠償 1事故につき5億円
  • 受託物賠償 1事故につき100万円(1事故につき1万円は免責で自己負担)

傷害保険

  • 死亡保険金 500万円
  • 後遺障害保険金 500万円
  • 入院保険金 1日3,000円(180日限度)
  • 通院保険金 1日2,000円(90日限度)

対象とならない事故

賠償責任保険

  • 自然災害や故意による事故
  • 同居の親族に対する事故
  • 自動車の運行・管理上の事故
  • 施設の建設・改築・改造・修理工事による事故など

傷害保険

  • 自然災害や故意による事故
  • 被補償者の自殺行為・犯罪行為・無資格運転・酒酔い運転・脳疾患・疾病・心身喪失などによる事故
  • 他覚症状のないむちうち症や腰痛など

事故が発生したら

万一、活動中に事故が発生したときは、団体の代表者が、事故から14日以内に団体を担当している課へ連絡し、事故報告書を提出してください。また、市が主催する行事での事故は、会場で係員に申し出てください。行事の担当課が事故報告書を作成します。

お願い

ふれあい保険は、どんな事故でも補償するという制度ではありません。また、保険金額はあくまで見舞金程度と考えていただき、活動の際には、事前に他の保険(ボランティア活動保険、スポーツ安全保険など)への加入を検討するなど、事故対応に万全を期してください。

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

総務課 行政グループ

電話番号:0776-73-8004 ファックス:0776-73-1350
メール:soumu@city.awara.lg.jp