本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > 健康・福祉 > 健康・医療 > 医療 > 国民健康保険 特定疾病療養受療証

国民健康保険 特定疾病療養受療証

最終更新日 2019年5月1日| ページID 000747 印刷する

高額な治療を長い間続ける必要がある先天性血液凝固因子障害の一部や人工透析が必要な慢性腎不全、血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症の人は、「特定疾病療養受療証」を医療機関の窓口に提示すると、毎月の自己負担限度額は10,000円となります。
慢性腎不全で人工透析を要する70歳未満の上位所得者については、自己負担限度額は2万円までになります。

手続き方法

関連ファイルの申請書をダウンロードし、医師の証明を受けて、受付窓口に申請してください。

受付窓口

市民福祉部市民課 保険年金グループ
電話番号 0776-73-8015

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

場所情報

Google Maps サイトに移動して表示する(新しいウインドウが開きます)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

市民生活部市民課

電話番号:0776-73-8014 ファックス:0776-73-5688
メール:shimin@city.awara.lg.jp