本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > 産業・まちづくり > 観光 > 観光おすすめコース > 北陸街道、千束一里塚と嫁威谷伝説をめぐるコース

北陸街道、千束一里塚と嫁威谷伝説をめぐるコース

最終更新日 2009年10月27日| ページID 001746 印刷する

出発あわら湯のまち駅 2.2キロメートル

藤野厳九朗記念館

1.5キロメートル

舟津温泉薬師堂

1.0キロメートル

田中温泉薬師神社

2.8キロメートル

温泉発祥地公園

250メートル

二面温泉薬師堂

2.2キロメートル 春日神社 2.3キロメートル 到着あわら湯のまち駅
矢印 矢印 矢印 矢印 矢印 矢印 矢印
徒歩 徒歩 徒歩 徒歩 徒歩 徒歩 徒歩


 

千束一里塚

千束一里塚

     

千束の一里塚は各地への里程と人馬賃算出の目安として、旅人の便宜を図るために造られました。

一里塚は榎の木で、東側に2本西側に1本植えられました。

現在は道路拡張の際、東側が取り崩され西側のみが残っています。

(福井県指定史跡)


 

照厳寺

 

摂取山照厳寺は、真宗大谷派の大寺で、開祖は本願寺三世閣如上人の直弟行覚です。

1326年、越中の氷見に寺を創建し、一揆の大坊主分として活躍しました。

金津郷権世に移り、1617年第12世祐慶の代に柿原郷清王の麻畑に移り、現在地に寺を移しました。

照厳寺

 

 嫁威谷伝説の地

嫁威の谷

   

この谷は、1470年頃蓮如上人が吉崎を本拠地として、真宗を布教しておられた時に起きた仏縁円の地です。

「はまばはめ、喰わば喰へ、金剛の他力の信は、よもやはむまじ」よめおどしの谷のところに、天保15年8月、江戸講中の人々によって建てられた「此所よめおどし」の座標があります。


 

アイリスブリッジ

 

真っ赤な斜張橋「アイリスブリッジ」は、北潟湖畔のシンボルです。

アイリスブリッジの周辺には、遊歩道や自転車のための遊歩道や休憩スポットがあり、のんびりと散策することができます。

6月中旬には花菖蒲まつりが開催され、300種20万本の花菖蒲が湖畔を彩ります。

アイリスブリッジ


 

案内マップ

北陸街道・千束一里塚と嫁威谷伝説をめぐるコース

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

経済産業部観光振興課

電話番号:0776-73-8029 ファックス:0776-73-1350
メール:kanko@city.awara.lg.jp