本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > 健康・福祉 > 高齢者・介護 > 高齢者 > 要介護認定者の障害者控除認定について

要介護認定者の障害者控除認定について

最終更新日 2010年12月15日| ページID 002661 印刷する

概要

介護保険の要介護認定を受けている方は、障害者手帳の交付を受けていなくても、市が障害者控除対象者に認定することで、所得税法及び地方税法上の障害者控除の対象となります。この制度は、要介護認定を受けているだけで一律に認定されるわけではありません。申請に基づき個々の状態を審査し、対象者に該当するかを市が判定します。認定された方には、「障害者控除対象者認定書」を交付しますので、確定申告等でご利用ください。
控除できる金額は障害者と認定されれば27万円、特別障害者は40万円になります。

対象者

その年の12月31日時点で、要介護認定(要介護1から要介護5)を受けている人で、障害者手帳を持っていない人。 

申請窓口

健康長寿課高齢福祉グループ
 

場所情報

Google Maps サイトに移動して表示する(新しいウインドウが開きます)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

健康長寿課 高齢福祉グループ

電話番号:0776-73-8022 ファックス:0776-73-5688
メール:chojyu@city.awara.lg.jp