本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > 市政情報 > 広報 > まちかどgraffiti > まちかどgraffiti 2014年 12月

まちかどgraffiti 2014年 12月

最終更新日 2015年1月15日| ページID 006345 印刷する

12月7日 家族みんなで協力を (中央公民館)

あわら男女共同参画のつどいを開催し、市民から募集した男女共同参画に関する図画や感謝状の入賞者に表彰を行いました。
知的家事プロデューサー・本間朝子さんの「こんなにラクラク時短家事」と題した講演では、家事の時間を短くするコツや家族で協力して家事をする方法などが紹介され、来場者はメモを取りながら熱心に聞き入っていました。 

表彰
表彰
本間氏の講演会
本間氏の講演会

12月9日 華やかな寄せ植えで新年を迎える (本荘公民館)

葉物を使った寄せ植えで冬場の玄関先を楽しめるようにと、コンテナガーデン教室を開催しました。女性17人が参加し、講師に配置のこつを教わりながら、玄関などに置ける華やかな寄せ植えを仕上げました。
参加者たちは、華やかな正月を迎えられるようにと、正月飾りとしてアレンジしながら寄せ植え作りを楽しんでいました。 

コンテナガーデン作り
コンテナガーデン作り
コンテナガーデン
コンテナガーデン

12月10日 大漁の寒ブナに笑顔 (北潟湖)

北潟湖の冬の風物詩「寒ブナ漁」が解禁されました。寒ブナ漁では「ごり網」と呼ばれる地引き網を仕掛けて、フナの群れを捕獲します。
初日は、体長約40センチのヘラブナ約1000匹がかかる豊漁となり、漁師たちは重い網を引き上げながら安堵と喜びの笑顔を見せていました。
水揚げされた寒ブナは、県内や石川県に出荷され、漁は3月末まで行われる予定です。

寒ブナ漁
(キャプションを入力)
寒ブナ漁
寒ブナ漁

12月13日 誰もが認知症サポーターに (文化会館)

認知症に対する理解を深めることを目的に、認知症予防講演会を開催しました。嶺北認知症疾患医療センターの松村菜穂美さんが「笑顔で支える認知症」と題して記憶障害のしくみや認知症の人への接し方などについて講演し、地域や家族で認知症の人を支える大切さを訴えました。
また、金津高等学校吹奏楽部によるアトラクションでは、元気いっぱいの演奏に来場者は笑顔で拍手を送っていました。

松村氏の講演会
松村氏の講演会
金津高校吹奏楽部の演奏
金津高校吹奏楽部の演奏

12月13日 おはなしホイホイ クリスマス会 (金津図書館)

毎年恒例のおはなしホイホイクリスマス会が開催され、約100人が参加しました。「名作童話を読む母の会」を中心としたボランティアたちによるエプロンシアターや大型紙芝居、落語、ハンドベルなど、多彩なプログラムに子どもたちは夢中。帰りには手作りのおもちゃや小さなプレゼントももらい、子どもたちは心のこもったクリスマス会を楽しんでいました。

ハンドベル演奏
ハンドベル演奏
ホイホイクリスマス会
ホイホイクリスマス会

12月15日 母校への恩返しに (市役所)

岡崎逸水さん(布目)から芦原小・中学校に50万円ずつご寄付をいただきました。
これは、ご自身が長年自動車販売業の発展に尽力されたことにより黄綬褒章を受賞したことを受け、母校に恩返しをしたいという思いから行われたものです。
寄付金は、教材などの購入に利用されます。

寄付
岡崎さんと芦原小・中学校の校長先生たち

12月17日 あわらの新名産品がぞくぞく (市役所)

あわら市内の生産者が平成26年度に新たに商品化した農産物加工品などの報告会が行われました。
市内の5事業者がナシを使ったジュースやジャム、ドライフルーツなどを持ち寄り、市長に商品の特徴や今後の商品開発の意気込みなどを報告しました。商品の試食をした市長は「どれも素材とはまた違った味が楽しめておいしい。あわらならではの商品になってほしい」と新商品に期待を寄せていました。

報告会
市長に報告
新商品
新商品

12月18日 新年への願いを込めて (吉崎小学校)

吉崎小学校の児童が門松作りに挑戦しました。児童たちは地元の大人たちに教わりながら、1年の健康と安全を願い丁寧に植物を配置。玄関先を華やかに彩る大きな門松をうれしそうに眺め、来年も良い年になりますようにと願いを込めていました。

門松作り
門松作り
門松作り
門松作り

12月19日 開湯130周年をみんなで盛り上げよう (市役所)

平成27年に開催する「あわら温泉開湯130周年祭」の実行委員会設立総会を行いました。市観光協会のほか、旅館や商工会、地元代表者など関係者約20人が出席し、130周年祭を盛り上げるため、市民や関係団体が一体となってあわらを訪れる人たちをおもてなしの心で迎えようと確認し合いました。

設立総会
設立総会

12月19日 食育活動に役立てて (給食センター)

JA花咲ふくい芦原支店から、給食センターに1万円のご寄付をいただきました。これは、同社が12月15日に行ったチャリティーイベントでとみつ金時の焼き芋を販売した売上金です。その全額を地域の子どもたちへの食育活動の普及に役立ててほしいとのことです。

寄付
JA花咲ふくい芦原支店より寄付

12月20日~23日 ゆず湯で足からぽかぽかに (芦湯)

姉妹都市である高知県香美市から特産品のゆずが贈られたことを受け、冬至の日に合わせ、芦湯で「ゆず湯」が振る舞われました。来場者は、芦湯に浮かんだゆずのさわやかな香りを楽しみながら、体を芯から温めるゆず湯でリラックスしていました。

ゆず湯
ゆず湯
香美市からのゆず
香美市特産品のゆず

12月22日 金津雲雀ヶ丘寮養護老人ホームが新しく (金津雲雀ヶ丘寮養護老人ホーム)

金津雲雀ヶ丘寮養護老人ホームの竣工式を行いました。部屋は個室で、バリアフリーにも配慮したモダンな施設となっています。

テープカット
テープカット
金津雲雀ケ丘廊下
金津雲雀ケ丘養護老人ホーム

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

政策課 企画グループ

電話番号:0776-73-8005 ファックス:0776-73-1350
メール:seisaku@city.awara.lg.jp