本文へジャンプ

あわら温泉

最終更新日 2014年11月1日| ページID 000304 印刷する

あわら温泉概要

あわら温泉は、葦の生い茂る低湿な沼地であったが、明治16年(1833年)、ひとりの農夫が潅漑用の井戸を掘ったところ、うすい塩分を含んだ湯が湧き出した。これがあわら温泉誕生の起源となっている。明治44年(1911年)には国鉄三国線(昭和47年に廃線)が開通し、さらに昭和3年(1928年)には、京福電鉄三国芦原線が開通したことにより、温泉街は急速に発展した。ところが、昭和23年(1948年)6月の福井地震で甚大な被害を受け、加えて、昭和31年(1956年)4月には未曾有の大火に遭遇し、温泉街の中心部のほとんどがは灰じんに帰した。しかし、住民挙げての復興への努力が実り、現在では近代的な旅館が建ち並び、「関西・中京の奥座敷」として多くの人々から好評を得ており、年間 100万人以上の観光客が訪れている。
また、温泉文化施設「セントピアあわら」には、観光客や周辺住民が集い、年間25万人以上の入湯客で賑わっている。

温泉街の様子

  • 写真上左 桜の季節の温泉街
  • 写真上右 湯落とし
  • 写真下左 温泉街夜景
  • 写真下右 温泉街夜景遠景

桜の季節の温泉街 湯落とし写真

温泉街夜景写真温泉街夜景遠景 

あわら温泉の魅力

芦原芸妓
 

あわら温泉の芸妓は北陸一の芸達者と言われています。毎日の厳しい稽古に耐えた芸は、美しく艶やかです。芦原芸妓の芸にふれる旅も大好評です。
リーズナブルな料金でお楽しみいただけます。
お気軽にお問い合わせください。

      芦原芸妓の芸にふれる旅             新春舞踊

湯めぐり手形・あわら温泉屋台村

湯めぐり手形とは1枚1,500円(税別)の手形を購入してもらうと、湯めぐり加盟旅館とセントピアあわらのどこででも3回入浴できます。
また、喫茶コーナーでのソフトドリンク券としても使えます。えちぜん鉄道「あわら湯のまち駅」のロータリー前に現在9店舗営業しています。
湯けむり横丁の詳細、屋台の紹介はあわら湯けむり創生塾ホームページでご覧下さい。

場所情報

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

経済産業部観光商工課

電話番号:0776-73-8029 ファックス:0776-73-1350
メール:kanko@city.awara.lg.jp