本文へジャンプ

犬を飼うときのご注意

最終更新日 2020年8月7日| ページID 002340 印刷する

犬を飼うとき

生後91日以上の犬は、市への登録(無登録の犬を取得したときは、取得した日から30日以内)と年1回の狂犬病予防注射が法律で義務付けられています。
また、登録済みの飼い犬の所在地や所有者を変更したとき、飼い犬が亡くなったときは、届け出が必要となります。
市では、集合登録・集合注射を実施(4月)しています。登録を済まされた犬の所有者には、「狂犬病予防注射のお知らせ」が送付されますので、会場にはこの通知書を必ずお持ちください。日程・会場は「広報あわら」でお知らせします。
犬の鑑札には固有の番号が刻印されており、登録された飼い主が分かるようになっています。狂犬病予防法では、鑑札及び狂犬予防注射済票を犬に付けることが飼い主に義務付けられており、これらが首輪に装着されていれば、犬が迷子になり保護された場合、飼い主を探し出すうえで、大きな手がかりになります。

手数料

犬の登録手数料 3,000円
犬の狂犬病注射済票交付手数料 550円
犬の鑑札の再交付 1,600円
犬の狂犬病予防注射済票の再交付 340円

飼い犬の届出関係

登録関係

生後91日以上の犬を飼ったときは、30日以内に犬の登録申請をしてください。(生涯1回) 
鑑札をなくしたり損傷したりした場合も、30日以内に申請を行ってください。鑑札を損傷した場合は、鑑札も一緒に生活環境課 生活Gまでお持ちください。

狂犬病予防注射関係

毎年1回の接種をしてください。また、4月に市内各地区で巡回予防接種を実施しています。

犬の死亡

登録されているが犬が死亡したときは、30日以内に届出をしてください。

犬の所在地、所有者の変更

登録されている犬の所在地や所有者が変わったときは、30日以内に届出をしてください。

犬の異動

他市町村へ転出の時は、犬鑑札に狂犬病予防注射済票を添えて、転出先の市町村へ届けてください。
他市町村から転入の時は、犬鑑札に狂犬病予防注射済票を添えて生活環境課生活Gへ届けてください。

福井県動物愛護センター

そのほか動物に関する情報についてはこちら(新しいウインドウが開きます)
新型コロナウイルス対策に関する情報についてはこちら(新しいウインドウが開きます)

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

生活環境課 生活グループ

電話番号:0776-73-8017 ファックス:0776-73-5688
メール:seikatsu@city.awara.lg.jp