本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > 産業・まちづくり > 商工業 > 商業エリア空き店舗・空き家改修事業補助金

商業エリア空き店舗・空き家改修事業補助金

最終更新日 2019年4月1日| ページID 010615 印刷する

北陸新幹線芦原温泉駅開業に向け、JR芦原温泉駅前や芦原温泉街の商業エリアの活性化を図るため、店舗兼住宅の空き店舗や空き家等を、店舗として活用しやすくするための改修費の一部を補助します。 

注意事項

  • 補助金の交付には条件があります。詳細は、次の条件や補助金交付要綱を必ず確認してください。
  • 3年以内で廃業した場合など、交付の条件に違反した際は、補助金を返還していただくことがあります。
  • 消費税及び地方消費税は補助対象外です。

補助対象となる建築物

次に掲げる要件を全て満たすものとする。
(1) 商業エリアに存する空き家等であること。
(2) 建築物に係る工事等に、現に着手している建築物でないこと。
(3) 国又は地方公共団体が所有する建築物でないこと。
(4) この補助金のほかに、国又は地方公共団体から補助金の対象工事と同一の部位に対して同種類似の補助を受けていない建築物であること。

補助対象事業

補助対象建築物の店舗改修を行う事業とし、次の各号のいずれにも該当するものとする。
(1) 開業する店舗が、飲食料品小売業等、飲食業、宿泊業又は市の良好な商業環境の形成に資すると市長が認める事業を営もうとするものであること。
(2) 新たに営む事業に許認可等が必要である場合は、必要な許認可等を取得している、又は開業までに取得できる見込みがあること。
(3) 新たに営む事業が3年以上継続して営業し、 概ね月20日以上かつ1日5時間以上の営業をすることが見込まれること。
(4) 新たに営む事業について専門家又はあわら市商工会の指導助言を受けること。
(5) 開業する店舗が、あわら市商工会に加入し地域活性化のため積極的にまちづくり活動に参加するものであること。

補助対象者

次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 補助対象建築物において、開業しようとする者(以下、「開業予定者」という。)
(2) 補助対象建築物の所有者で、当該建築物を借り受ける開業予定者が決定しているもの。ただし、開業予定者が、所有者と同じ世帯に属する者若しくは生計を一にする者若しくは所有者の3親等以内の親族又はこれと同等と認められる者である場合を除く。
(3) 補助対象建築物の所有者から当該建築物を借り受け、賃貸しようとする者で、当該建築物を借り受ける開業予定者が決定しているもの。ただし、開業予定者が、所有者と同じ世帯に属する者若しくは生計を一にする者若しくは所有者の3親等以内の親族又はこれと同等と認められる者である場合を除く。 


補助対象経費、補助率、補助金額

  • 補助対象経費 店舗改修費、備品費
  • 補助率 2分の1
  • 補助限度額 500万円

関連リンク

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

場所情報

Google Maps サイトに移動して表示する(新しいウインドウが開きます)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

経済産業部商工労働課

電話番号:0776-73-8030 ファックス:0776-73-1350
メール:syouko@city.awara.lg.jp