本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > 健康・福祉 > 育児・保育 > 相談 > 3歳ごろまでは、豆やナッツ類を食べさせないようにしましょう

3歳ごろまでは、豆やナッツ類を食べさせないようにしましょう

最終更新日 2018年5月22日| ページID 009082 印刷する

誤嚥して、気管支炎や肺炎を起こしたり、窒息したりするおそれがあります

消費者庁には、平成22年12月から平成29年12月末までに、医療機関ネットワーク事業の参画医療機関から、豆やナッツ類を原因とする子ども(14歳以下)の誤嚥事故が、27件報告されています。

誤嚥事故防止のため、主に以下のことに注意しましょう

  1. 3歳ごろまでは、豆やナッツ類を食べさせないでください。
  • 小さく砕いた豆やナッツ類も食べさせないでください。
  • 兄弟がいる家庭では、兄弟が豆やナッツ類を食べていても、食べさせないでください。
  1. 少し大きい子どもの場合も、誤嚥をしないように、食べることに集中させ、落ち着いてゆっくりとかみ砕いて食べさせるようにしてください。
  2. 節分の豆まきをした後は、子どもが拾って口に入れないように、豆の後片付けを徹底しましょう。

詳しくはこちらをご覧ください

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

健康福祉部子育て支援課

電話番号:0776-73-8021 ファックス:0776-73-5688
メール:kosodate@city.awara.lg.jp