本文へジャンプ
ホーム > 市長の部屋 > 市長コラム > 市長コラム 第120話 フレイル

市長コラム 第120話 フレイル

最終更新日 2017年10月13日| ページID 008886 印刷する

フレイル

聞きなれない横文字で恐縮ですが、最近、フレイルという言葉があわら市を中心に一般にも使われ始めています。フレイルとは加齢にともなう身体機能や認知機能の低下した状態のことで、あえて訳せば「虚弱」という意味になり、いわば要介護状態になる前の身体機能を指します。

年を取れば心身の活力が低下するのは当たりまえですが、その初期段階の筋力の低下や社会参加活動の減少などに着目して、健康維持に努めてもらおうという事業が、あわら市と坂井市で始まりました。簡単なチェック表でご自身のフレイル状態を確認できるので、機会があったらぜひ試していただきたいと思います。 

実はこの事業は福井県と東京大学高齢社会総合研究機構が連携して行うもので、あわら市と坂井市がモデル地区になりました。フレイル予防事業は全国でもまだ珍しく、先進的な取り組みです。

坂井地区でのデータが今後、全国的なフレイル予防事業に反映される可能性があります。皆さん、日本代表でフレイルチェックをしませんか。

気まま?よもやま!?ありのまま!!(広報あわら第164号 2017年10月)より

あわらむすび
(フレイルチェック中)

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

総務課 秘書グループ

電話番号:0776-73-8001 ファックス:0776-73-1350
メール:soumu@city.awara.lg.jp