本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > くらし・環境 > 北陸新幹線 > 北陸新幹線芦原温泉駅舎デザインコンセプトアンケート結果

北陸新幹線芦原温泉駅舎デザインコンセプトアンケート結果

最終更新日 2016年10月15日| ページID 008138 印刷する

デザインコンセプト

平成28年7月14日~8月19日まで募集した「あわら未来づくりアンケート」で応募いただいた新幹線芦原温泉駅舎のデザインコンセプトの結果を公表します。

応募いただいたデザインコンセプトをキーワード(「自然」、「温泉」、「印象」、「名産品」、「モチーフ」、「歴史・文化」、「その他」)で分類し、それを基に鉄道・運輸機構に要望するデザインコンセプトを「芦原温泉駅周辺整備基本計画改定・ワーキング部会」で5案作成しました。「あわら市地域ブランド戦略会議」とも調整を図り、デザインコンセプト案を精査していく予定です。

キーワード

  • 「自然」
    日本海、北潟湖、田園風景など
  • 「温泉」
    足湯、温泉
  • 「印象」
    和風、古風、清潔、近代的など
  • 「名産品」
    越のルビー、かに、花菖蒲など
  • 「モチーフ」
    キャラクター、電車など
  • 「歴史・文化」
    本陣、金津創作の森、かるたなど
  • 「その他」
    あわら市、機能性など

デザインコンセプト集計結果(キーワード集計)

1

デザインコンセプト案

デザインコンセプト デザインのイメージ(補足説明)

1案

大きくて優しい自然がここちよい駅

雄大で穏やかな北潟湖、あわらの景色が一望できる刈安山、大自然で

ありながら人と身近に寄り添ってきた、自然の心地よさを感じさせる駅とする。

2案

幸福なふくいへのゲートウェイ

~海と大地のめぐみのふるさと~

雄大な海と優しい湖、美しき山に清らかな川、豊かな実りをもたらす大地、

そしていやしの温泉(ゆ)を感じさせる駅とする。

3案 あわらの大地に湧き出る贅の駅

海・山・川、自然の恵みのおいしい食材、癒しの湯、大地からの恵みをうけて、

気ない時間が贅沢を感じさせる駅とする。

4案

大切な時間を癒しで過ごす 

おもてなしの駅

旅で訪れる人には癒しとワクワク感を、ビジネスで訪れる人には安らぎと安定感を

与え、時間がゆっくり流れるように、自然と食と温泉による最高のもてなしが心に

刻まれる駅とする。

5案

時代がともに響きあい 

人がつながり笑顔になる駅

蓮如上人の精神や形が受継がれ、歴史を身近に感じることや、新たな芸術や文化で

交流が深まり、旅の思い出が笑顔になる駅とする。

今後、デザインコンセプト案を芦原温泉駅周辺整備基本計画改定委員会で絞り込み、年内に鉄道・運輸機構に要望する予定です。

駅舎デザインに関する今後のスケジュール

  1. 平成28年内 鉄道・運輸機構に駅舎デザインコンセプト要望 
  2. 平成29年秋頃 鉄道・運輸機構から駅舎デザイン素案(3案)提案
  3. 素案を受けて推薦案を鉄道・運輸機構に要望
  4. 平成29年度末 基本デザイン決定
  5. 平成30年度末 実施デザイン決定

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

土木部新幹線まちづくり課

電話番号:0776-73-8034 ファックス:0776-73-1350
メール:shinkansen@city.awara.lg.jp