本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > くらし・環境 > 雇用・労働・就活情報 > 就職活動(学生・U・Iターン就職希望者) > 地域おこし協力隊(休校施設利活用プロジェクト)を募集します!

地域おこし協力隊(休校施設利活用プロジェクト)を募集します!

最終更新日 2017年10月2日| ページID 008408 印刷する

地域おこし協力隊募集!

あわら市は、「幸福度ナンバー1 福井県」の最北端に位置し、福井県随一の「あわら温泉」のほか、海、山、湖などの豊かな自然と、肥沃な大地から産出される多彩な農産物に恵まれ、これらを生かした観光業は、農業、工業とともに市の基幹産業の一つとなっています。最近では、平成27年3月の北陸新幹線金沢開業の追い風もあり、首都圏の観光客にも多く来ていただけるようになりました。

一方で、高齢化の進行とともに、出生率の低下や出産適齢期にある女性の減少、未婚率の増加、また進学・就職を機に転出する若者の増加など、平成8年の約32,000人をピークに、毎年約300人以上の人口が減少するという課題も抱えており、平成29年3月で休校となる小学校は3校になりました。 

「地域のシンボルとしてその姿を残したまま、賑わいの中心であってほしい。」
という地域の人たちの気持ちに寄り添い、活気を取り戻すプロジェクトに取り組んでみませんか!
あなたのアイデアが地域の活性化に直結します!

なお、あわら市では、「温泉街活性化」「移住定住支援」で活躍する2人の協力隊に続き、3人目の募集となります。

地域おこし協力隊とは

「都会を離れて暮らしたい」「地域おこしに関わりたい」といった思いを持つ都市部の人材を、地域社会の新たな担い手として受け入れ、地域力の充実・強化を図る取組みです。
平成28年12月現在で、3,938人が地域おこし協力隊として全国(11都道府県875市町村 )で活躍されています。
今回の募集は、総務省が支援する「地域おこし協力隊」制度および福井県地域おこし協力隊「ふくい元気づくり」事業補助金 を活用して実施します。

募集内容

休校となる3小学校(波松小学校、吉崎小学校、新郷小学校)の利活用の検討・運営を行う地域おこし協力隊を募集します。
 

人数

1人

対象

次の条件をすべて満たす人を採用の条件とします。
  • 申し込み時点で、3大都市圏などに在住し、委嘱後にあわら市に生活の拠点を移し、かつ住民票を異動できる人
  • 地域おこし協力隊員として活動終了後も、あわら市に定住し、就業・起業しようとする意欲のある人 
  • あわら市の特性や風習を尊重し、市民と積極的にコミュニケーションを図ることができ、市民と協働で活動できる人
  • 休日の行事参加や夜間の会議など、不規則な勤務に対応できる人 
  • 心身共に健康で誠実に職務を行うことができる人
  • 地方公務員法第16条に規定する欠格事項に該当しない人 
  • 普通自動車免許を取得している人 
  • パソコン(ワード、エクセル、メールのやり取りなど)の一般的な操作ができる人

活動内容

  • 休校施設(波松小学校、吉崎小学校、新郷小学校)の利活用の検討
  • 利活用方針決定後の休校施設の運営および利活用促進のための広報活動
  • ほかの地域おこし協力隊2人(温泉街活性化1人、移住定住支援1人)と連携した地域活性化活動
  • 三大都市圏で開催される移住イベント(ふるさと回帰フェアなど)における移住者の呼び込み活動
  • 自身の移住経験に基づく移住支援策の提案
  • その他、地域おこしに必要とされる活動 

勤務地

あわら市役所庁舎内を基本とし、波松・吉崎・新郷の3小学校およびその周辺地域

勤務日数・勤務時間

  • 勤務日数:原則 週5日
  • 勤務時間:原則 午前8時30分~午後5時15分

なお、時間外勤務は振替対応とします。

雇用形態・期間

  • あわら市臨時職員としてあわら市長が委嘱します。
  • 初年度の委嘱期間は、委嘱日(平成30年1月1日予定 )から平成30年3月31日までです。

なお、初年度からは年度ごとに委嘱することができるものとし、最長3年(平成32年3月31日まで)とします。
また、初年度の委嘱日(勤務開始日)については、事情があればご相談に応じます。

給与・賃金・福利厚生等

月額 161,700円(予定)
この他、通勤手当、期末手当(年2回のボーナス)を支給します。
健康保険、厚生年金、雇用保険、労働災害保険に加入します。

待遇

  • 勤務時間中は、市役所庁舎内においてノートパソコンを貸与します。
  • 日常生活や通勤の移動手段として、自家用車などは必要不可欠です。自家用車などの持ち込みをお勧めしますが、活動用車両は、必要に応じて貸与します。
  • 市から空き家など住居情報を提供します。
  • 住宅家賃、光熱水費、通信料などは、自己負担とします。(一部、市からの助成あり)
  • 活動に要する経費は、市から予算の範囲内で支給します。(対象経費:旅費、消耗品費など)

応募手続き

応募期間

次の書類を平成29年10月31日までに郵送でお送りください。
封筒の表に「地域おこし協力隊員応募申込書在中」と朱書きし、必ず簡易書留で郵送してください。

提出書類

  • 履歴書(写真添付)
  • レポート(1,200字程度で書式自由、ワープロ可)
    テーマ「地域おこし協力隊としてやりたいこと 」
  • 住民票抄本

提出先

あわら市 総務部 政策課
〒919-0692 福井県あわら市市姫三丁目1番1号

選考方法

1次選考(書類選考) 

平成29年11月上旬
書類選考の上、結果を応募者全員に通知します。

2次選考(面接) 

平成29年12月中旬
1次選考合格者を対象に、あわら市役所にて2次選考(面接)を行います。
なお、2次選考に要する交通費などは、応募者負担となります。

最終選考結果の通知

平成29年12月下旬
最終結果は、文書で全員に通知します。

問合せ

〒919-0692
福井県あわら市市姫三丁目1番1号
政策課企画グループ
電話番号 0776-73-8005
ファックス 0776-73-1350
メール seisaku@city.awara.lg.jp

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

政策課 企画グループ

電話番号:0776-73-8005 ファックス:0776-73-1350
メール:seisaku@city.awara.lg.jp