本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > くらし・環境 > 雇用・労働・就活情報 > 雇用・労働(事業者) > 一括有期事業を開始する際の事務手続きについて

一括有期事業を開始する際の事務手続きについて

最終更新日 2019年2月13日| ページID 009787 印刷する

労働保険に関する法令の改正により、建設の事業、立木の伐採の事業を営む事業主の皆さまは、2019年4月1日以降、一括有期事業を開始する際の事務手続きの一部が不要となります。 詳しくは、福井労働局ホームページ(新しいウインドウが開きます)をご確認ください。

一括有期事業開始届の廃止 

2019年4月1日以降に開始する一括有期事業については、「一括有期事業開始届」を提出する必要はありません。

一括有期事業の地域要件の廃止

2019年4月1日以降に開始する一括有期事業については、遠隔地で行われるものも含めて一括されます。(労働保険料の納付事務を行う事務所で一括されます。労働保険料の納付事務を行う事務所の変更を求めるものではありません。 )

労災保険給付事務は、労働保険料の納付事務を行う事務所の所在地を管轄する労働基準監督署で行います。

問い合わせ先

福井労働局 労働保険徴収室適用第一係  電話番号 0776-22-0112

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

商工労働課 商工労働グループ

電話番号:0776-73-8030 ファックス:0776-73-1350
メール:syouko@city.awara.lg.jp