本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > くらし・環境 > 保険・年金 > 国民年金の産前産後期間の保険料免除制度

国民年金の産前産後期間の保険料免除制度

最終更新日 2019年4月15日| ページID 009946 印刷する

平成31年4月から、次世代育成支援のため、国民年金第1号被保険者の産前産後期間の保険料が免除されます。

産前産後免除期間

免除期間は、出産予定日又は出産日が属する月の前月から4か月間(多胎妊娠の場合は、出産予定日又は出産日が属する月の3か月前から6か月間)の国民年金保険料が免除されます。

※出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。(早産、死産、流産及び人工妊娠中絶された方を含みます。)

対象者

産前産後免除期間に国民年金第1号被保険者の期間を有する方

※出産日が平成31年2月1日以降の方が対象になります。

届出時期

出産予定日の6か月前から届出を行うことができます。

届出に必要なもの

年金手帳またはマイナンバーがわかるもの、認印、本人確認書類、母子健康手帳(出産前に申請する場合に限り必要)。

被保険者と子が別世帯の場合は、出生証明書など出産日と親子関係を明らかにする書類。

届出先

市民課 保険年金グループ

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

市民課 保険年金グループ

電話番号:0776-73-8015 ファックス:0776-73-5688
メール:shimin@city.awara.lg.jp