本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > くらし・環境 > 道路・交通 > ハイビーム走行・全席シートベルト着用を

ハイビーム走行・全席シートベルト着用を

最終更新日 2018年1月9日| ページID 009013 印刷する

平成29年中の福井県内における交通死亡事故死者数は46人であり、前年と比較すると5人減少しました。
特徴としては、夜間における車と歩行者の事故が全てロービーム走行であったことや、車両乗車中の死者はシートベルト非着用が多いといったことが挙げられます。

「正しい運転を心掛けよう」「注意しよう」といった気持ちがあれば、事故は起こらずに済んだかもしれません。
交通事故を他人事と思わず、マナーを守り、正しい運転を心掛けましょう。

福井県はシートベルト着用率、全国最下位

昨年10月に警察とJAFが合同実施したシートベルト着用状況の全国調査結果によると、本県の一般道路における後部座席の着用率は14.8パーセントと全国最下位でした。

こうした情勢を踏まえ、県警察や各市町などではハイビーム実践啓発や全席シートベルト着用啓発に力を入れており、皆さんが安全で安心なカーライフを送れるよう推進しています。

シートベルトのチラシ
(なんでせんの?シートベルト)
ハイビームのチラシ
(ほやでハイビームにしよっさ!)

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

市民生活部生活環境課

電話番号:0776-73-8017 ファックス:0776-73-1350
メール:seikatsu@city.awara.lg.jp