本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > くらし・環境 > 道路・交通 > 石油貯蔵施設立地対策等交付金事業について

石油貯蔵施設立地対策等交付金事業について

最終更新日 2020年2月25日| ページID 007469 印刷する

石油貯蔵施設の設置には、防災施設の整備や維持が必要となります。石油貯蔵施設立地対策等交付金は、石油の備蓄を円滑に実施したり、地域住民の安全を守るために活用されます。

令和元年度事業

あわら市では、国道8号線および北陸自動車道金津インターチェンジから金津市街地や芦原市街地を通り、坂井市の石油配分基地へ通じるルートを幹線輸送ルートに指定し、災害時の避難路および緊急車両通行の確保を行い、災害対策活動の円滑化に努めています。
令和元年度は、幅員が狭く、見通しの悪い「市道滝・高塚線(宮谷地係)」の側溝改良工事を実施し、車道部幅員を拡幅しました。

画像2
(リニューアル後の市道滝・高塚線の様子)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

建設課 建設・計画グループ

電話番号:0776-73-8032 ファックス:0776-73-1350
メール:kensetsu@city.awara.lg.jp