本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > くらし・環境 > 環境・ごみ・ペット > 環境 > 野良猫の不妊手術費補助制度について

野良猫の不妊手術費補助制度について

最終更新日 2019年5月30日| ページID 009276 印刷する

野良猫のふん尿などによる被害やトラブルが地域で問題となり、市に苦情や相談が寄せられるケースが増えています。
野良猫は、もともとは人間が飼っていた猫が無責任に捨てられ、繁殖して増えたものです。
野良猫を迷惑な存在として排除しようとしても解決できません。
市では、動物愛護の観点から、野良猫の増加を防止するため、不妊手術を実施する個人または団体に対し、予算の範囲内において補助金を交付します。
ただし、1年度あたりの補助金の申請は、申請者1人につき5件を限度とします。

申請の資格について

  1. 市内に生息する飼い主のいない猫であること。
  2. これから保護し、不妊の手術を受けさせるものであること。
  3. 申請者は市内に住所のある方、または市内に所在する団体であること。
  4. 個人が申請する場合は、飼い主のいない猫であることの確認が行われていること。

補助の方法について

  1. 手術料金は、県獣医師会の協力により、「雄10,000円・雌15,000円」で、市からの補助金は、「雄5,000円・雌7,000円」です。(ただし、1匹ごとの申請が必要です。)
  2. 市と協定を結んだ動物病院で、手術費用から補助金額を差し引いた料金をお支払いください。(雄5,000円、雌8,000円)補助金は、市から動物病院へ支払われます。
補助金交付手続きの流れ
(補助金交付手続きの流れ画像)


注意事項

  1. 飼い主のいない猫を対象としています。首輪や名札がある猫や特定の人に継続的に世話をされている猫など、飼い主がいる可能性のある猫は手術できません。
  2. 手術後の猫に関して、あわら市、福井県獣医師会および手術を行った獣医師は一切の責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。
  3. 麻酔をかけられた猫がすでに手術済みであることが判明した場合、この事業の助成の対象となりません。この場合でも猫の耳先カットは行われ、手術費用は全額申請者の負担になりますのでご了承ください。
  4. ノミといった外部寄生虫の駆除など、動物病院が手術実施に必要な処置をした場合は、別途実費がかかります。また、重度の感染症にかかっているなど、手術に支障をきたす健康状態である場合には、手術を受けられないことがありますので、動物病院の指示に従ってください。

協力動物病院

  • ラーバンの森動物病院 福井県坂井市三国町陣ケ岡26-10-27 電話番号0776-82-1212
  • 松崎動物病院 福井県坂井市丸岡町北横地19-3-23 電話番号0776-67-3320
  • はるえ動物病院 福井県坂井市春江町江留上錦187 電話番号0776-51-8212
  • 高木動物病院 福井県坂井市坂井町下関57-9-2 電話番号0776-72-2811

手術に関しては、上記の協力動物病院へお問い合わせください。

捕獲器・ケージの貸し出し・手術後の適正飼育について

野良猫を捕まえられない場合は、捕獲器を無料で貸し出します。
NPO法人福井犬・猫を救う会(070-5631-7080)へお問い合わせください。

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

市民生活部生活環境課

電話番号:0776-73-8017 ファックス:0776-73-5688
メール:seikatsu@city.awara.lg.jp