本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > 健康・福祉 > その他福祉 > 緊急小口資金・総合支援資金(貸付)のご案内(社会福祉協議会)

緊急小口資金・総合支援資金(貸付)のご案内(社会福祉協議会)

最終更新日 2020年4月29日| ページID 011241 印刷する

各都道府県社会福祉協議会では、新型コロナウィルス感染症の影響による休業や失業等により、生活資金でお悩みの方へ、特例貸付を実施しています。

1、緊急小口資金(一時的に資金が必要な方(主に休業された方))

生活費がなくてすぐにお金が必要な方に、しばらくの間、お金をお貸しします。

対象者

  • 新型コロナウィルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、生活費に困っている世帯

※新型コロナウィルス感染症の影響で収入の減少があれば、休業状態になくても対象となります。

貸付限度額

  • 生活費 20万円以内(一世帯1回限り)

(例)世帯の中に次の人がいる場合、世帯に人数が多い(4人以上)など

(感染や臨時休校で仕事を休んだ人、収入が減った個人事業主、介護が必要な人)

  • その他 10万円以内(一世帯1回限り)

据置期間

1年以内(借りてから1年までは、返さなくても構いません)

償還期限 

2年以内(借りてから2年後までに、返さなければなりません)

貸付利子・保証人

無利子・不要

2、総合支援資金(生活の立て直しが必要な方(主に失業された方等))

生活ができるようになるまで、生活に必要なお金をお貸しします。

対象者

新型コロナウィルス感染症の影響を受け、収入の減少や失業等により、生活費に困っている世帯

※新型コロナウィルス感染症の影響で収入の減少があれば、失業状態になくても対象となります。

※お金を借りた後、生活を立て直すためのサポートを受けることが条件です。支援員が皆さんからの相談を受けて、一緒に自立に向けたプランを作成します。

貸付限度額(原則3カ月、借りることができます)

(2人以上の世帯) 月20万円以内

(単身世帯) 月10万円以内

据置期間

1年以内(借りてから1年までは、返さなくても構いません)

償還期限

10年以内(借りてから10年後までに、返さなければなりません)

貸付利子・保証人

無利子・不要

3、手続きの方法

1、必要書類を準備する。 例)本人を確認できるもの(運転免許証など)、世帯全員の住民票の写し、収入が減少したことがわかる通帳など

2、必要書類をもって、あわら市社会福祉協議会へ申込みをする。

3、県の社会福祉協議会が貸付を決定し、指定口座に振り込まれる。

ご相談・お申込先

あわら市社会福祉協議会
電話番号 0776-73-2253

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

健康福祉部福祉課

電話番号:0776-73-8020 ファックス:0776-73-5688
メール:fukushi@city.awara.lg.jp