本文へジャンプ
ホーム > 目的から探す > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健診・検診 > 「20歳からの子宮頸がん検診」2年に1回の検診で早期発見が大切です

「20歳からの子宮頸がん検診」2年に1回の検診で早期発見が大切です

最終更新日 2018年1月4日| ページID 002642 印刷する

20代から30代の子宮頸がんが増えています

子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することが原因で発症します。HPVに感染すると、多くはそのウイルスが自然に排除されます。しかし、一部は感染が持続し、5~10年で子宮頸がんが発症すると言われています。HPVの感染時期は20~30代が多く、子宮頸がん発症のピークは40代前半です。このHPV感染から発症までの間に検診を受けて早期発見することが大切です。

子宮
(感染から発症まで)

子宮頚がん検診の受け方

子宮頸がん検診の対象者は20歳以上の女性で、検診は2年に1回です。今年度、まだ受診していない人は早めに受診してください。

保健センター(下記、子宮頸がん集団検診日程参照)や指定医療機関(下記子宮頸がん個別検診指定医療機関参照)で実施しています。受診の際に、市が発行した受診券もしくは無料クーポン券が必要です。お手元にない人は、健康長寿課(電話番号0776-73-8023)までお問い合わせください。

子宮頸がん集団検診日(最終)

日程 曜日 会場 受付時間
平成30年2月1日 木曜日 保健センター 午後1時~午後2時15分

子宮頸がん個別検診指定医療機関(平成30年2月28日まで)

坂井地区

  • 金津産婦人科クリニック
  • 春日レディスクリニック
  • 坂井市立三国病院
  • 松井クリニック

福井市など

  • 打波外科胃腸科婦人科
  • 大月産婦人科クリニック
  • 加藤内科・婦人科クリニック
  • 県民健康センター診療所
  • 小林産婦人科医院
  • 西ウイミンズクリニック
  • 根上レディースクリニック
  • 平井産婦人科医院
  • 福井愛育病院
  • 福井県済生会病院
  • 福井県予防医学協会
  • 福井県立病院
  • 福井県労働衛生センター 
  • 福井厚生病院
  • 福井赤十字病院
  • 福井総合クリニック
  • ホーカベレディースクリニック
  • 本多レディースクリニック
  • まきレディースクリニック
  • レディースクリニックつねざわ

場所情報

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

健康長寿課 健康増進グループ

電話番号:0776-73-8023 ファックス:0776-73-5688
メール:chojyu@city.awara.lg.jp