本文へジャンプ
ホーム > 郷土歴史資料 > あわら市の文化財 > 市指定文化財 > 史跡 > 新市指定文化財「神宮寺城跡」

新市指定文化財「神宮寺城跡」

最終更新日 2021年4月6日| ページID 011922 印刷する

概説

神宮寺城跡は、戦国時代の山城の特徴を示す顕著な城郭遺構で、大きさは東西約270m、南北約250mあり、あわら・坂井市域では屈指の規模をもっています。また、城の構造などから、兵士が常駐する「詰城」と考えられ、加賀一向一揆に対する最前線の重要拠点として、使用されていたものと思われます。

概要

神宮寺城跡
指定区分あわら市指定文化財(史跡)
所在地福井県あわら市沢57字、58字、59字、指中70字
指定年月日令和3年3月25日

場所情報

Google Maps サイトに移動して表示する(新しいウインドウが開きます)