本文へジャンプ

椚古墳(石室)

最終更新日 2014年11月26日| ページID 006119 印刷する

概説

椚古墳は椚区堂山腰にあります。径約30メートル、高さ約5メートルの円墳で、横穴式の石室を持ちます。石室は全長5.54メートルあり、羨道、玄門、玄室(棺を納める室)からなっており、大きな凝灰岩の切り石で囲まれています。
玄室は3.17メートル×1.46メートルの広さで、高さ1.83メートルあります。天井と奥壁は凝灰岩の1枚岩で構築され、古墳時代後期の発達した構造をもちます。石棺や副葬品等については、何も伝えられていません。
なお、奥壁に梵字で阿弥陀仏の曼荼羅と五輪塔を刻み、その塔にも東方阿門仏の梵字が刻んであります。この梵字は、椚石塔が造られた頃、刻まれたものと思われます。

概要

椚古墳
指定区分福井県指定文化財(史跡)
所在地福井県あわら市椚(八幡神社境内)
指定年月日昭和48年5月1日
所有者・管理者椚区

場所情報

Google Maps サイトに移動して表示する(新しいウインドウが開きます)