本文へジャンプ
ホーム > イベント情報 > 講座 > 平成30年度 第1回ふるさと講座「神宮寺城跡について」

平成30年度 第1回ふるさと講座「神宮寺城跡について」予告

最終更新日 2018年4月1日| ページID 009206 印刷する

内容

沢地区と指中地区の中間に、現在も神宮寺城跡があります。神宮寺は平安時代中期に創建された真言宗の寺院で、明治時代には廃寺となりました。戦国時代には加越国境の要所として城が設けられており、現在もその遺構と思われるものが残されています。この神宮寺城跡について、元県埋蔵文化財調査センター所長の南洋一郎氏にお話しいただきます。

なお、講座終了後、天気が良ければ現地見学を予定していますので、希望者は動きやすい服装、足元でお越しください。

神宮寺城跡遠景
神宮寺城跡遠景

講師

南洋一郎氏(元福井県教育庁埋蔵文化財調査センター所長)

定員

30人(事前申込不要)

問合せ

あわら市郷土歴史資料館
0776-73-5158

日程平成30年4月15日(日曜日)
時間午前10時から
会場沢集落生活改善センター
入場料無料

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

開催日カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
             

  緑色背景の日が開催日です。

場所情報