本文へジャンプ

HEECE構想

最終更新日 2017年4月1日| ページID 004330 印刷する

HEECE構想がHEECE構想プラスに変わります

あわら市では、市の重点政策である「若い世代が住み、生み、育てたくなるまち」 を実現するため、平成22年度からHEECE(ヒース)構想事業を展開してきました。HEECEとは、「健康」のHealth、「教育」のEducation、「環境」のEnvironment、「コミュニティー」のCommunity、「経済産業」のEconomyからそれぞれの頭文字をとったあわら市オリジナルの言葉です。

まちの活力は、そこに集い、暮らす人々の活気に比例します。こうした活気と活力を増進させるため、HEECE構想を前面に掲げながら、「健康」「教育」「環境」の各視点からこれらを深化させるとともに、施策の基盤となる「地域社会」と「経済産業」の強化を図ってきました。

平成29年度からはこれをワンランク進化させ「HEECE構想プラス」として取り組みます。プラスする分野は「魅力創造」で、これまでの5つの要素に市の魅力を加えることにより、市のイメージと知名度アップを図りながら、重要政策である「若い世代が住み、生み、育てたくなるまち」の実現を強力に推進していきます。 

平成29年度HEECE構想事業

H(健康)

 

事業名 事業内容 担当課
子ども医療費助成

乳幼児医療助成事業を拡大し、中学生までを対象に医療費を助成します。

  • 通院 1医療機関当たり月額500円を超えた額を助成
  • 入院 日額500円×8日(上限)
子育て支援課

子どものための「簡単クッキング教室」

  • 食育スタジオを活用して子育て中の母親等を対象とする「簡単クッキング教室」を開催します。(開催数2回)
  • 就学前の子どもとその保護者を対象として、給食センター見学および給食の試食会を実施します。(開催数2回)
子育て支援課
あわら食と健康フェア

健康づくりにおける「食」の重要性をアピールするイベントを実施します。 

健康長寿課
あわらの健康「食べ・歩き」
おばあちゃんの味の日
  • 毎月25日を「おばあちゃんの味の日」と定め、 広報あわらやホームページなどに伝承料理のレシピを掲載します。
  • 各こども園、小学校、中学校で給食メニューに伝承料理を提供するとともに、子育て支援センターやイベントなどで試食会の開催やレシピを配布します。
  • 食生活改善推進員と連携して食育の料理教室や地区の健康教室などで伝承料理を採り入れます。
健康長寿課
健康づくりサポーターによる健康づくり運動推進 
  • 各区より健康づくりのリーダーとして活動する「健康づくりサポーター」を募集し、サポーターが企画する健康づくり事業に取り組みます。
  • 活動量計を用いて日常の歩数や運動量を測定し記録することで、楽しみながら健康づくりが行える健康づくり応援事業を展開します。
健康長寿課
歌って動いて健康づくり 65歳以上の高齢者を対象に市内9公民館において「音楽」「体操」「映像」がプログラムされた生活総合機能改善機器を活用した介護予防講座を実施する。 健康長寿課

NEWスポーツ・チャレンジデー

  • 市内10小学校(休校小学校を含む)に出向いて、スポーツ推進委員がニュースポーツ教室を開催し、市民の健康増進を図るとともに、地域コミュニティの活性化を図ります。
  • 市内体育施設(トリムパークかなづ・農業者トレーニングセンター)において、定期的(前期8回、後期8回)に教室を開催し、気軽にニュースポーツができる環境を整え、市民にスポーツの楽しさと身体を動かすことへの関心を高めます。
スポーツ課

E(教育)

事業名 事業内容 担当課

5歳児のこども園料無料化

市内の幼保連携型認定こども園12施設に通園する5歳児のこども園料を無料にします。 子育て支援課
第3子以降のこども園料無料化 世帯の第3子以降のこども園料(3歳児以降)を無料にします。 子育て支援課
たくましい保育 毎月1回公立こども園において、あわらトリムクラブのインストラクターが3~5歳児に運動を指導を行うほか、日常の保育活動において、生活習慣やしつけなどを身に付けさせます。 子育て支援課
おばあちゃんの保育応援 公立のこども園において、高齢者(シルバー人材センター派遣)が保育業務を補助します。 子育て支援課
子育て世代ワンストップサービス 娠期から子育て期にわたるまでの様々なニーズに対して総合的に相談や支援を行う子育て世代包括支援センターを設置します。 子育て支援課
放課後子どもプラン

保護者が昼間いない小学校児童に公民館や小学校の空き教室等を利用して遊びや生活の場を提供します。また、公民館を中心に、子ども教室を開催して土曜日の子どもの居場所づくりを行ったり、地域住民等の参画を得て、勉強、スポーツ、文化活動などの交流活動を行ったりして地域全体で子どもを育てる環境づくりを推進します。 

子育て支援課

文化学習課

姉妹都市との教育交流 姉妹都市である下妻市の児童生徒及び教職員間の交流を通して、お互いの市の魅力を学び合い、ふるさとに誇りと愛着を育む「ふるさと教育」を推進します。 教育総務課

E(環境)

事業名 事業内容 担当課

エコと自然のポータルプロジェクト

人づくり、組織づくりプロジェクト

  • エコ市民会議事業の推進
  • 環境展、環境学習講座などの開催
  • 様々な情報発信手段を活用した環境情報の発信

生活環境プロジェクト

  • エコファミリープラン、エコオフィスプランの普及
  • グリーカーテン事業の推進
  • ごみの減量化と分別収集(特に雑がみ)の促進
地域の自然(お宝)保全・創出プロジェクト
  • 自然豊かな里山や北潟湖などの地域環境を保全するため各種団体の育成と連携 
生活環境課
北潟湖再生プロジェクト

北潟湖自然再生に関する協議会において、県関係者・大学研究者・地元住民とともに、自然再生について調査研究を行うとともに、観光資源としての活用について基本的な方向を検討します。

また、住民の北潟湖の自然的価値を認識を高めるため、北潟湖フォーラムを開催し意識啓発を図ります。

生活環境課

C(コミュニティ)

事業名 事業内容 担当課
地域ぐるみの防災組織づくり

自治会単位での自主防災組織の設立を促進するとともに、設立した組織に対し防災資機材等の整備や意識醸成に係るソフト事業に対し支援を行います。

総務課
市民活動サポート助成金 市内の団体が行うまちづくり事業の提案に基づき、書類及び公開のプレゼンテーションによる審査で選定を行い、助成します。 政策課
メルマガDE情報発信 メールマガジン配信システムを利用し、各種情報を希望する市民などにメールで旬な情報を届けます。 政策課
あわら市役所Facebook あわら市のFaccebookページで、毎日旬な情報を届けるとともに、双方向によるコミュニケーションをとります。 政策課
縁結び応援
  • 縁結びさんを登録する法人・団体に対し成婚した場合に謝礼を贈ります(1組成婚につき10万円)。
  • 出会いの場創出の事務局を市社会福祉協議会内に置き、本協議会の実施する出会い創出イベントを支援します。
子育て支援課
ヤギによる癒しのまちづくり

山羊2頭を福井県畜産試験場から借り受け、5月~10月の間竹田川河川公園で飼育しながら、除草を行います。

また、河川公園等で市民や観光客が気軽に山羊とふれあえるイベントを開催し、癒しの空間を創出します。

農林水産課
花のまちづくり あわら市フラワーサポート協議会が主体となって、JR芦原温泉駅前とえち鉄あわら湯のまち駅前を中心に四季折々の花の植栽活動を展開します。 新幹線推進課
郷土・伝承教室 地域で活動する人を講師に招いて、地域の言い伝えや昔話、昔ながらの遊び、料理、風習等の教室を開催します。 文化学習課
ふるさと再発見の集い 各地区の公民館を中心に、郷土の文化等について探求する講座を開催します。 文化学習課

E(経済産業)

事業名 事業内容 担当課
新規就農者移住サポート 認定新規就農者を対象に、市内の空き家に居住するための家をリフォームする費用及び農舎を借り受ける費用に対し補助します。 農林水産課
農業経営アドバイザー 農業経営アドバイザー(中小企業診断士)が、市内の農業経営体に面接や聞き取りを行い、経営面・営農面の改善点を判断・指摘します。 農林水産課

単身赴任者安心サポート

あわら市に転入してきた市内企業従業員の家族へ特産品を贈呈します。 観光商工課
スモールビジネス起業サポート

市内で創業する事業者に対し支援します。

なお、女性及び高齢者が創業する場合には3年間支援します。

観光商工課
求人・求職者マッチング促進 インターンシップ実施企業や、県外からの求職者で市内企業でインターンシップを行った人に対して助成を行います。 観光商工課
大切にしたい会社をサポート

障害者を雇用する企業を支援するとともに、通勤費の助成などを行うことで働きやすい環境を構築します。

観光商工課
地元での就職支援 ホームページや広報あわら、メールマガジン、あわら市Facebookページで、市内企業の採用情報や市内で働く人、就活イベント情報、各種支援施設などを紹介します。 観光商工課
UIターン就職フェア 都市圏のハローワークや県主催の就職説明会に職員や地元企業と参加し、就職相談会を実施します。 観光商工課
創業支援資金利子補給 市制度融資開業資金及び日本政策金融公庫の創業関連融資を受けた創業者に対し、利子の一部を補助します。 観光商工課

プラス(魅力創造)

事業名 事業内容 担当課

地域ブランドの創出

平成28年度に確立した地域ブランドの市民への浸透や市の知名度向上に資する事業を実施します。
また、JR芦原温泉駅周辺におけるまちづくり基本計画(一部基本設計)を策定します。

政策課
住みたくなるまちプロジェクト

移住定住支援員を設置し、福井Uターンセンター(福井移住定住促進機構)や福井労働局(ハローワーク三国)と連携しながら、移住希望者等にきめ細やかな相談や支援を行います。
また、三大都市圏等で開催される移住フェア等へ参加するとともに、福井労働局や市内企業と連携した企業説明会(就職面接会)、職業相談の開催を通して、UIJターン者の呼び込みを行います。

政策課
あわら湯けむり映画祭
  • パブリックスペースでの映画上映&コンテスト
  • 市内でアート展示やアートパフォーマンス(書道や絵画など)の実演
  • 上記を絡めた街歩き企画の展開 
観光商工課
もっともっと!ちはやふる 人気アニメ「ちはやふる」を活用し、年間を通した各種イベントを開催し、あわら市の新たなファンづくり、観光誘客のスタイルを構築します。 観光商工課
アクセスベンリー事業
  • 金沢・小松空港とあわら市を結ぶ無料バス運行
  • 観光タクシー運行事業 
観光商工課
越前加賀インバウンド推進 県境を跨ぐ4市1町で組織する「越前加賀インバウンド推進機構」において、官民一体となってインバウンド観光推進に取り組みます。内容としては、海外に向けた宣伝活動やメディア・旅行会社の招聘を通して旅行商品の造成を促すとともに、無料Wi-Fiスポットの整備やクレジット決済の導入、民間事業者を対象としたセミナーの開催等による人材育成を行います。 観光商工課
外国人滞在型観光促進 旅行催行人数5名以上の団体旅行客を送客した旅行会社に助成金を交付します。 観光商工課
あわらの魅力発信 テレビ等メディアを活用した情報発信やパンフレット・販促グッズ等プロモーションツールの充実、PRイベントへの参加などを通して県内外にあわら市の魅力を効果的に発信します。 観光商工課

お問い合わせは、各担当課へお願いします。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

 

お問い合わせ先

政策課 企画グループ

電話番号:0776-73-8005 ファックス:0776-73-1350
メール:seisaku@city.awara.lg.jp